わたしが使った退職代行SARABAの詳細はこちら

会社を辞めたい理由は?会社辞めたいときには退職代行でスッキリ!

スポンサーリンク

会社を辞めたいけど言えない?退職って簡単って知ってる?

どーも。新卒入社した会社を7日で退職したシャチくんです。

私は今までに退職を5回したことがあります。最初は全くわからず損な退職をしていました。そんな人はたくさんいると思います。

保険の切り替えとか、手当のもらい方とか色々あるわけです。。スムーズに特する退職方法をお教えしたいと思うので参考にしてみてください。

会社を辞めたいけど言えない?3年で辞めるのはおかしい?

私含めて、最近の世代は3年で会社辞める人多くない?と言われがちですが、本当にそうでしょうか?最近もなにも昔から3年で辞める若者はいてました。なので、そこまで悲観する必要はないですよね。

ですが、2012年に就職の失敗を悩んだ割合は、20代は150人もいたらしく、07年の60人から約2.5倍に増えているという事実は変えられません。そして、20代全体数を見ると、07年は3300人なのに対して12年は9.7%減の3000人。

と言うことは、就活が原因の悩みが非常に多いということですね。たかが、就活ぐらいでそこまで悲観的になる必要はまったくないと私は思うのです。

良く就活は恋愛に例えられますね。

女(男)の子に見向きもされずにふられて、
大きなショックを受けている状態に就活においての内定が出ない状況は似ているのかもしれませんね。だとするなら、考えてみてください。

女(男)なんて腐るほどいるんじゃないですか?狭い価値観で決めるのは良くない。

例えば、縁がない人と運良く付き合うことができても、結局離婚するだろうし、すごいかわいい人、カッコいい人に合う可能性もなくはない。

話を戻して、おそらく、5年以内、10年以内って考えると、就職してから50%以上は退職するんじゃないですか?大企業だって、中小企業だって、辞めさせられるときは急だし、30前後で体を壊して退職せざるを得ない人だって結構いると聞く。

比較的ストレスの少ないとされる公務員でさえ、退職する人も普通にいる。

こういう事実を考えると、、
就活に失敗したぐらいでなぜ自殺まで考えてしまうのは勿体無い。元々人間は成功する人のほうが少ないんじゃないということ。

これを覚えていてほしい。

また、高学歴でも就活が大変なのが普通の時代。
東大生でも就活は難しいし、使えない等とも言われたりする。そんな時代で生き抜くあなたたちは、ダメで元々、成功したらラッキーぐらいの気持ちで
過ごしてほしいです。

とはいってもですね。何故こんな事態になってるかですよね。

昔と比べてイスの数が少なすぎることですよね。原因は。

イスが少なすぎるせいで、
企業の要求は半端じゃない。なので、失敗が普通の時代というように頭を切り替えて見ませんか?

むしろ、若いときに失敗する方が、取り返しはつきます。変に、40代で挫折して、慌てるよりまし。

適性があって努力をしていたら、
本当の自分の道にたどり着けると思います。

そうなった場合は、実家に住んで貯金してなんかあったときのために蓄えときましょう。

円満退職出来ない人が簡単にする方法まとめ

円満にやっぱり退職したいですからね。もしかしたら、取引先になるかもしれないので、まず辞めると決まったら、

1.業務引継ぎ
をしなければいけません。

社内PCのファイルや、ID、パスワードをまとめ、書類の整理、自分で取ったメモも整理。そして、後任(決まっていれば)に説明or引き継ぎを行います。

この時、担当者、やり残したプロジェクト等をエクセルかワードでまとめると尚良いですよね。また、書類に関しては、付箋等を用いて案件名を誰が見ても分かるようにすると印象がいいです。。

私のときは、時間がなかったので、流れをメールで先に送りました。取引先にもメールでもなんでもいいので退職する旨を送っとくほうがいいですね。退職後もメール、電話がくることもありますので。続いてすることは、

私物を持ち帰ることと、返却する事ですね。自分の名刺はもちろん、頂いた名刺、パンフレット等の物はすべて返却。

保険証、入館証も返却。こうして、全てさっぱりさせてから退職のあいさつ入ります。私の場合、一人ずつ挨拶したかったんですが、時間がなかったので、できなかった人はメールで伝えました。

無事、退職できたあとは、まず、健康保険の切り替えを行いましょう。転職先が決まっていない場合でしたら、国民保険に切り替えるか、それとも、加入していた保険組合のを継続して使用できる事もあるので、総務に相談しましょう。次は、退職から、入社までのスパンが長い人は、ハローワークで失業給付の申請を行ってくださいお金がもらえますので、後々得をしますし、転職活動費用の足しにもなります。

失業給付は、現住所の管轄のハローワークに行く必要があります。住民票の住所ではないので注意!!そして、会社から発行された離職票と印鑑を持って手続きを行ってください。

そしてめんどくさいで有名な年金の手続きに入ります。普通は、厚生年金でしょうから、それを国民年金に切り替える作業を行います。年金手帳を押し入れから引っ張り出して、市役所へ持っていきます。

ここまでで、ひと段楽です。どうですか?めんどくさいでしょう笑めんどくさいことによって、やらなくていいやー。と思いがちなんですね。

それで、損してますからこの記事を見ている人は、転職しようとしている人に教えてあげてください。今回はこれで以上ですが、退職手続きはめちゃくちゃめんどくさいです。

書類を何枚も書かないといけないし、市役所にも足を運ばないといけないですし、でも、損をしてまで会社を辞める必要はないですから、

耐えて、最後のあがきで取れるだけ、取っときましょう!

退職でトラブルが起きないようにする流れまとめ

2018年に入社した新社会人も業務に慣れてきたころではないでしょうか?上手くいっている人もいれば、上手くいかない人。社会人てこんなんだっけ?と退職を考えている人も多いと思います。

実際私は1年目ですでに退職したので、そう思っていることは、変なことではありません。
そこで、転職しよう!と思ったときに会社から
「人手不足」という理由で簡単に退職させてくれない事もあります。
(私も3ヶ月引継ぎやらでかかりました。)会社によって一番多いのは、「引継ぎが済んでいない」
という理由です。

退職時にトラブルになることも珍しくないようです。
ここで、退職に関する法律はどのようになっているのかを確認しておきましょう。

まず、退職は自由です!!
なので安心してください!
あなたが会社をどんな理由であっても退職したい!ということであれば、
別に法律に則って自由に何の不自由もなく!退職する事が出来ることになっています。

ですが、、、
逆に会社側があなたを解雇する事があれば、厳しい法律の規制があるので、
この点に関しては会社側が有利となってるんですね。もちろん犯罪等どうしても辞めさせなければならない事を除いては労働者側有利となってますので安心して辞めちゃって下さい!

退職理由も具体的な理由は書かなくていいですし、
会社側のフォーマットがあると思うので、そこに、「一身上の都合」と書けば十分です。

やっぱり、変な感じで辞めたくないですし、転職先でもしかしたら会ったりする可能性もなくはないので、理想は、円満退社がですが、退職は認めないな等ともしも仮に言ったとしても、
法律的には一方的に退職する事も可能ですので、検討してみてください。

退職届け提出~退職までの期間

実際に、退職届けを提出してから実際に退職するまでに最低限必要な期間は2週間です。

ですので、会社が引き止めようとしても、2週間以降は拘束する事が出来ません。
辞めたいと思ったら退職日の2週間前までには届けを出しておいてください。

ですが、月給制の場合は、賃金の計算期間の前に申し入れる必要があるので、
この点も頭に入れておく必要があります。

また、就業規則などで、退職は1ヵ月前までに申し出ることなどとなっていて、
これが妥当な長さだと判断できる場合は、労働者にも一定の責任があると解釈されることもあるので、早めに申し出ておくにこしたことはありません。

退職届はOK、退職願はNG

退職するにあたって、届けを提出するんですが、
退職願と退職届があります。

退職願は会社に対して辞めたいのですがよろしいでしょうか?とお願いをすることで、
退職する意思が固まっている場合、会社に提出するのは必ず退職届にする必要があります。

もしも会社が受け取りを拒否しようとした場合には、内容証明郵便等で退職の意思を表明した事を証拠として残しておくと証拠として役立つでしょう。

期間契約の場合は注意が必要

ただし、派遣で働く労働者など契約内容によって働く期間が決まっている場合は注意が必要です。

始めから一定期間働く事を約束しているのですから、勝手な都合で退職してしまった場合、会社側に損害賠償などを求める権利が発生する事もあるわけです。

会社(雇用者)が契約上の決まり事を守らなかった時

仕事の内容や給料の支払い条件などが契約時の内容と違っていたりした場合はいつでも退職できます。

労働者やその家族の病気・怪我により働けなくなった時

体調を崩して働けない場合や、家族が病気になってしまって看護が必要な場合なども

「やむを得ない理由」と判断されるようです。

その他にも色々な理由が考えられますが「やむを得ない理由」と判断されるかどうかはケースバイケースですから、まずは会社としっかり相談した上で理解を得られない場合は法律の専門家に聞いてみると良いでしょう。

派遣会社などと契約している場合、派遣元とも十分に相談した上で対処する必要があります。

自己都合?会社都合?どっちが特??

退職時は悩みまくるし、めんどくさい事も多いです。(心の準備も含めて)中でもお金は大事ですよね。失業手当に関しては、めちゃくちゃわかりづらいし、会社は全く教えてくれないです。

会社都合なのか自己都合なのかで貰える期間も額も大幅に変わるので、辞める!と決めたらこの記事を参考にして貰えるものは貰いましょう。と言うことで、きちんと制度を把握し手続きを1から踏む事によって、

最大の失業手当をもらう事ができ、転職初月にひもじい生活を送らなくて済みます。(本当に大変ですよ。引っ越しもしないといけなくなったり、面接でお金飛んだりしますからね。。)

また、何も知らずに、適当に退職してしまうと数十万円損する人になる可能性も大いにあります。

自己都合が圧倒的に楽

まずは、自己都合での退職時に知っておくべきポイントですね。実は、会社を退職するには、12月度の締め日で退職するのが賢いです

その理由はと言いますと、

失業保険の算定は、退職前半年間の給与で決定するからです。どういうことかと言うと、

年間の保険料は、4月、5月、6月の3ヶ月間の給与で決定するんです!と言う事は、冬の賞与は多くの企業は12月に支給されますね。で、12月だとするならば、年末調整は会社が対応してくれると思います。

ということは、つまり!退職を決意したら、4月、5月、6月の3ヶ月は定時で帰ってください笑

そして、7月~12月の半年(冬のボーナス査定期間)は残業して残業して稼いでください!!

また、査定終了~退職1ヶ月前ぐらいに(会社によっては辞めるのがわかってると減らされるかもなので、賞与もらってから辞めると言えればベスト)退職願いを提出というパターンが最高です。

あとは、有給休暇を完全に消化してから退職する事ですね。退職前に残っている有休をまとめて取る事は、法律的にも何の問題もありませんので、使っちゃってください。ブラックな会社だと、取得させないように圧を掛けてきますが、そんなの知ったこっちゃないです。堂々と使いましょう。

それでも圧を辞めないのであれば、労働基準法で保証されているので、これを使って、取得することは問題ないんですよー。と言ってやりましょう!そして、退職日はまだ先ですが、本日が最終出社日です。と、挨拶で宣言し、有休と代休の溜め込んだ分をフルに使って、旅行にでも行って英気を養って下さい。

転職はしたいけど今の職場を辞めにくくて悩んでいませんか?

人間関係が辛いときこそ退職という選択を考えましょう!と書いてきました。ですが、退職したいけど何言われるかわからないし引き止められそうで辞めることが難しいという人は多いと思います。

本当に辞めたいと思ってる会社をいつまでも辞められないのは、

残念ながら自分の人生を主体的にコントロール出来ない上に大きな機会損失になってしまうんですよね。

そこで、会社を辞めるだけでそこまで考え込むのであれば、

それらのプロセスを全て外注しちゃった方が効率的だと思うんですよ。
それでその空いた時間で転職活動をすると言うわけです。

つまり、何が言いたいかと言うと、退職に困っている人は「退職代行サービス」に代行してもらいましょうよということです。

簡単に言うと、「会社辞めます」を何から何まで代わりに言ってもらえるサービスです。これで退職の諸々の手続きを何不自由なく行うことができて、精神衛生上良い気持ちで毎朝を迎えられるだけでなく、転職活動にも力を入れることができるんですね。

というわけで今回は、即座に会社を退職する為に使える「退職代行サービス」の中でも私が使ってみたおすすめの退職代行サービスについて説明していきます。

仕事に対する技術や知識、経験が未熟なら、自分の努力で解決することができます。

ですが人間関係の悩みというのは、あなたの努力で解決できる問題ではありません。

そのような問題だからこそ、早急にその場を離れて再スタートをきってほしいんです。何度も言うようですが、退職は逃げではありません。

人間関係が辛いなら、その集団から離れてしまうことで、その悩みは一瞬で解決できます。

なので「もう無理」と思った時は、あなたの本当の居場所を見つけるために転職してしまいましょう。

私も使った退職サービスはこちら→退職代行 

 

 SARABA(サラバ)

 

https://affiliate.taisyokudaikou.com/link.php?id=N0000057&adwares=A0000001

退職代行サービスの中で最もおすすめなのが「SARABA(サラバ)」です

 

SARABAの強み
  1. 料金は一律30,000円で追加料金が一切無し!
  2. 24時間対応で即日退職も可能!
  3. ほぼ100%の退職成功率でありながら100%の返金保証付き!

 

1.SARABA(サラバ)の料金は一律30,000円

このSARABAはサービス料金が職歴関係無く一律30,000円(税込)になっていて、追加料金も一切かかりません。

https://affiliate.taisyokudaikou.com/link.php?id=N0000057&adwares=A0000001

SARABAにはオプションによる追加料金が掛からず、24時間対応に加えて電話による相談回数も無制限となってます。

中には最初の価格が格安になっている業者もあるんですが、即日対応や時間外の対応によってプラスのオプションが掛かってくる場合が多いんですね。他にも見積もり次第で料金が上がったりする所もありますが、SARABAの一律30,000円という料金は破格でしょう。

2.SARABA(サラバ)は電話に24時間対応且つ即日退職が可能

SARABAは24時間対応していて、LINEやフリーダイヤルでいつでも相談できます。なので、辞めたい感情が込み上げて来た深夜でもスピーディーに電話相談してしまう事が可能です。

更にSARABAは「辞めたい!」と思ったその日に依頼すれば即日で対応してくれるし、辞表を出す事以外にも離職票や雇用保険被保険者証などの必要書類、そして有給消化の手続きなんかも依頼する事ができます。

3.SARABA(サラバ)は万が一退職できなくても100%の返金保証付

SARABAは多数の退職代行の成功実績を収めており、その成功率はほぼ100%。なので依頼すればほぼ退職出来るといって間違い無いでしょう。

そして、万が一退職出来なかった場合でもSARABAには100%の返金保証が付いてるので、一度依頼すれば安心して業者に任せる事が出来ます。

 

 

人間関係で悩んでいるあなたは一刻も早く転職を考えよう!!無理なら退職サービスを使おう!!

ここまで人間関係で悩んでいるあなたに一刻も早く転職することをおすすめしてきました。

何度も言いますが、退職=逃げではありませし、恥ずかしいことではありません。むしろ今の日本社会においてはごく普通のことです。私も最初の会社を退職すると決意してもなかなか実行に踏み出せませんでした。なのであなたの気持ちは良くわかります。

でも後回しにすればするほど辞めにくくなってしまいますし精神的にも良くないことは明らかです。
もし、退職を上司に言いにくいほどの環境であれば私も体験した退職代行サービスを使いさっさと居心地の悪い職場とおさらばしましょう。

転職や退職代行サービスで不安なことがあるならば私にも相談してくれても構いません。