わたしが使った退職代行SARABAの詳細はこちら

大山莉加さんを追い詰めたパワハラがヤバイ?清水有高(ビハイア社長)のやばい実態

ゲーム業界求人広告会社、ビ・ハイア株式会社に勤めていた女性・大山莉加さんが2月に自ら命を絶ちました。

 

10月17日、大山さんの遺族や元同僚が「大山さんはパワハラが原因で命を絶った」と東京地裁に訴訟を起こしました。

 

そんなに追い込まれていたのになぜ指示に従い続けていたのか?と少し調べてみたら、ビ・ハイアのブラック企業ぶりに驚きました…。

 

スポンサーリンク

ビ・ハイアはブラック企業なのか?

ビ・ハイア株式会社は検索するとブラック企業と出てきます。ブラック企業と有名でさらに、「ビ・ハイア」と検索窓に打ち込むと「ブラック」「しつこい」と出てきます。もういやですね。。

 

また、「清水有高」と打ち込むと「嘘つき」「ブラック」と出てきます。やばいですね。。

 

これについて清水有高氏は

良く聞かれるのがうちのスタッフ数。リクナビに書いてあるとおり、スタッフ数は6人です。たったこんだけ!?それでこれだけの仕事量してるの!と驚かれますが、一人あたり一日18時間働いたらそれくらいこなせます。ブラックやん!と思った方はうちには応募しない方が幸せです。

 

朝から夜遅くまで働いているのは変わらないから、それがあわない人にはうちは無理なんだろうな。人それぞれ会社もそれぞれだからそれは良いと思う。世界中の人にとって最高の雇用先であるのは無理だけど、うちを最高の会社と思ってくれる人はいるからその人にとってもっともぉっと最高の会社になるぞ。

 

少なくともうちに応募してくる人達は『ビ・ハイア ブラック』『ビ・ハイア 評判』『ビ・ハイア 2ch』とかで検索してから応募すべき。というか是非検索してください。とかいったらまた人事に怒られそうだな。まあでも、自分の目よりネットの噂を信じる人はうちにはあわないからね。是非検索を。

出典:togetter

と、以前Twitterに投稿していました。その自慢いらねー。

1日18時間働くと残り6時間ですね。

 

なんの自身があって清水有高氏はこんな内容の投稿をできるんでしょうか。また亡くなった大山さんが書いたブログにはこのような記事がありました。

清水有高社長について行けない!辞めよう!と思った瞬間は?

6年ほど前、大学生でインターンをしていたときのことです。大学の友人と卒業旅行でディズニーランドのホテルに泊まりがけで行こう!という話をしていて4人分で既に予約も済ませ、私は仕事が終わった後現地でチェックインをする予定でした。ですが、当日の夕方になって「企業向けブログの文面に気合いが入っていない。全部書き直せ」という指示。夕方から全部書き直したとしたらチェックイン時間には間に合いません。「一生に一度の卒業旅行で、今からキャンセルもできません。戻ったら終わらせますので・・・」と社長に交渉してみるも答えは「NO。甘えるな。」仕方が無いので時間までに完璧に終わらそうと取り組みましたが「やりたくない感・やっつけ感が文面に出ている。仕事を舐めるな!」と一喝され、具体的にどこが悪いのかもわからないままチェックイン時間を過ぎても作業を続行し、結局友達には途中で「当日になって申し訳ないけどどうしても抜け出せない仕事の用事が入って、行けなくなった。キャンセル代を払うので、行けなくなった分みんなで楽しんでくれ。」と連絡。その後泣きながら(「泣いたら許してもらえると思うな」と言われながらも)徹夜でブログを仕上げるも最終的にOKは出ず、大学の友達とも疎遠に成り、未だに連絡先を知りません。

出典:ビ・ハイアブログ

これ何がすごいって会社のスタッフ募集の記事なんですよ。この後には「でも給料はいいです。社長がブランド品を買ってくれます。」と続けています。なんのフォローだ。。

「清水有高氏、ビ・ハイアはこんなところだけど、こんないい所もあるよ」と謎のフォローですね。

 

この記事を読んで入社したい!!と思う人がいるんでしょうか?

これを会社のブログに載せている=清水有高氏は「働くとはこうあるべき!」と思っているのかよくわからないですね。

ビ・ハイアの実態

 女性と元同僚の計3人は2006~14年に入社し、同社や関連会社との業務委託契約を結んだ。しかし、社長の指揮命令を受け、実質的には雇用関係のある従業員として働き続けていたという。

社長は、3人にブランド品のカバンや靴などを買い与え、その費用を会社から社長への貸付金という形で計上した。その自分への債務について、16年ごろから3人のうち2人を保証人にして返済を求めるようになった。

さらに社長は、原告の1人が賃金の情報を知人に伝えたことを「守秘義務違反だ」などと主張し、数千万円の損害賠償も求めるようになった。社長はやがて賃金の天引きなどを始め、3人にはほとんど賃金が支払われなくなったという。

3人の生活費が尽き、家賃を払えなくなると、会社事務所に住まわせ、その家賃も請求するようになった。社長は3人に「生きているだけで迷惑」「殺すと問題があるので、交通事故にあって死んでもらいたい」などと、大声で罵倒するパワハラを繰り返したという。

会社事務所で深夜も働いていることを確認するためにLINEで数分ごとに報告させたり、建物に取り付けたカメラや携帯電話のGPSで行動を監視したりもした。会社事務所での生活は、風呂もなく、寝るときは床にタオルをひく程度だったという。

今年2月、女性が「私は死んだほうがましですか?」という趣旨の発言をしたところ、社長は激怒。女性の目の前で使っていたパソコンを破壊し、「(死んだら)ゴミが増えるだけだ」などと暴言を繰り返した。その日の午後、女性は自殺したという。

原告らは、賃金の天引きは違法で、社長の一連の言動や行為は、原告の人格権などを侵害したパワハラにあたると主張している。

出典:朝日新聞デジタル

大山さんと今回訴訟を起こした元同僚のふたりは、業務委託契約だったそうです。

業務委託契約とは自社で対応できない業務を、ほかの会社や個人といった外部に任せる契約のことです。この契約がそもそも間違いでしたね。

請け負った業務を期限内に納品すればいいので、働く時間や場所は自由です。一見自由でいいやん!と思いがちですが罠でしたね。

 

業務委託で長時間労働だったとしても給料がきちんともらえていればまぁいいでしょう。しかし、清水有高氏は給料の天引きなどを行い、3人にはほぼ給料を支払いませんでした。

 

また、ブランド品を購入してあげたりしていたそうです。しかし、それは借金ということになり返済しろ!と言い始めます。

そして借金返済のため給料が減り、生活に困り家賃が払えなくなると会社事務所に住まわせ、家賃の請求、借金の返済。さらに風呂もない部屋で監視状態で暮らしていました。

給料払われないのにどうやって家賃を払うのか?おそらく家賃っていう名目で天引きしていたんでしょう。

事務所に住んでいることから深夜も働かせ、カメラやGPSで監視、数分おきにLINEで起きていることを確認するなど、やりたい放題。

平田有高 大山莉加 自殺 自死 平田悠貴 ビ・ハイア ビハイア ブラック パワハラ

By:朝日新聞デジタル

こちらは清水有高氏と原告がLINEでやり取りを再現した資料。

 

3分~5分ごとに「起きてます」と送っています。異常ですよね。

03:57「起きてます」05:37「起きました」ということは、この間にわずかな睡眠を取っていたのでしょう。

 

わずか1時間30分ほど。しかも寝るのは硬い床。こんなことしていたら身体も壊れます。食事も管理され乾燥大豆を1日1袋だけ食べていたそうです。

 

これが本当なら、清水有高氏は人を人だと思っていないですよね…。

 

なんで辞めないの?と思うかもしれませんが精神的に追い込まれている状況では考えることができないんですね。視野が狭くなってしまうんです。

清水有高の顔画像やプロフィールは?

一月万冊 清水有高@monthlymansatsu

傷つけられたりしんどかったりするとついついうつむきがちですが、やっぱ上を見ないと人生上向きにもならないし問題も解決しないよな〜的な写真を撮りました。 http://readman.jp/diary/14525/ 

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)

滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。
ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。

コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

出典:清水有高ブログ

清水有高氏は1月1,500~3,000冊もの本を読む読書家で速読多読コーチングも行っています。

この感じをみると本当なのかとも思ってします。

 

清水有高の妻・嫁は平田悠貴?

清水有高 大山莉加 自殺 自死 平田悠貴 ビ・ハイア ビハイア ブラック パワハラ 嫁 妻

By:ビ・ハイアブログ

清水有高氏は結婚して家族はいるのでしょうか?

調べてみましたが、結婚しているかしていないかはわかりませんでした。

 

ただ、ネット上ではビ・ハイア副社長の平田悠貴さんが嫁なのでは?と言われていました。

こちらの動画、1:15:00あたりから清水有高氏と平田悠貴さんが社員批判をしています。

 

この動画見て誰がここに就職したいと思うんだ…。

ビ・ハイア側は徹底抗戦

一月万冊 清水有高@monthlymansatsu

私が経営するビ・ハイア株式会社への提訴について会社としてのコメントを書きました。 http://readman.jp/info/14531/ 

大山氏の自死が弊社および代表取締役である清水に原因があるかのような記載が訴状にあると知りました。また、そうした旨を伝える報道もいくつか見ています。

しかし、こうした主張や記述は、事実とはまったくかけ離れた虚偽であることを強く申し上げたいと思います。

大山氏がご逝去される直前、御本人が書いた文面が清水はじめ親御様に届きました。そこには、同氏の決断が個人的な原因および理由によるものであり、弊社の業務とは無関係であることが明記されていました。それがご故人の遺された尊いものであること、また、その内容がご故人のプライベートな内容に深くかかわることである事実を踏まえ、清水および弊社はその存在を明らかにすることを控えて参りました。

清水はじめ弊社社員は、10年間ともに仕事に励んだ仲間である大山氏がそうした決断をしたことを、今も深く悲しみ、そして心痛に沈んでいます。また大山氏の近くにいた個人として「なぜそれを防ぐことができなかったのか」という自問を今も繰り返しています。

そうした大山氏のご遺志を知る者として、清水個人および弊社の業務に原因があるかのように言う主張や記述を許容することはできません。事実に基づき、毅然と対応してまいります。訴状を仔細に検討したうえ、法廷内外で、事実に基づき、事実無根の主張や記述に反論してまいります。そして真実を明らかにしたいと考えています。

なお、今回の提訴の原告である元業務委託者の二人は、契約中に犯した不正が明らかになり、民事提訴を準備しています。一人については、刑事事件として被害届を警視庁に出しています。

出典:ビ・ハイアニュース

今回の起訴に関して、清水有高氏がコメントを発表しました。

・大山さんは個人的な理由で命を絶つと遺書には記載されていた、パワハラの事実はない。

・原告ふたりは不正を犯していたことが明らかになった。

続報を待たないとですね。

 

外からみている私たちは逃げればいいのにとか簡単に思ってしまいます。
でも今回の事件のように心理状態が極限だとできないんですね。今回の場合はブランド品を与えられたりしていたそうですからね。
自分自身でどうしようもない時は我慢するのではなくて逃げましょう。それもできない時は代行サービスをつかって第三者に入ってもらいましょう。

退職代行に連絡するとその時点でもう会社に行かなくてもいいので安心です。
私も退職代行を使ってスッキリ退職できたので退職したいけどできない人はぜひ検討してみてください。

退職はしたいけど今の職場を辞めにくくて悩んでいませんか?

人間関係が辛いときこそ退職という選択を考えましょう!と書いてきました。ですが、退職したいけど何言われるかわからないし引き止められそうで辞めることが難しいという人は多いと思います。

本当に辞めたいと思ってる会社をいつまでも辞められないのは、

残念ながら自分の人生を主体的にコントロール出来ない上に大きな機会損失になってしまうんですよね。

そこで、会社を辞めるだけでそこまで考え込むのであれば、

それらのプロセスを全て外注しちゃった方が効率的だと思うんですよ。
それでその空いた時間で転職活動をすると言うわけです。

つまり、何が言いたいかと言うと、退職に困っている人は「退職代行サービス」に代行してもらいましょうよということです。

簡単に言うと、「会社辞めます」を何から何まで代わりに言ってもらえるサービスです。これで退職の諸々の手続きを何不自由なく行うことができて、精神衛生上良い気持ちで毎朝を迎えられるだけでなく、転職活動にも力を入れることができるんですね。

というわけで今回は、即座に会社を退職する為に使える「退職代行サービス」の中でも私が使ってみたおすすめの退職代行サービスについて説明していきます。

仕事に対する技術や知識、経験が未熟なら、自分の努力で解決することができます。

ですが人間関係の悩みというのは、あなたの努力で解決できる問題ではありません。

そのような問題だからこそ、早急にその場を離れて再スタートをきってほしいんです。何度も言うようですが、退職は逃げではありません。

人間関係が辛いなら、その集団から離れてしまうことで、その悩みは一瞬で解決できます。

なので「もう無理」と思った時は、あなたの本当の居場所を見つけるために転職してしまいましょう。

私も使った退職サービスはこちら→退職代行 

 

 SARABA(サラバ)

 

https://affiliate.taisyokudaikou.com/link.php?id=N0000057&adwares=A0000001

退職代行サービスの中で最もおすすめなのが「SARABA(サラバ)」です

 

SARABAの強み
  1. 料金は一律30,000円で追加料金が一切無し!
  2. 24時間対応で即日退職も可能!
  3. ほぼ100%の退職成功率でありながら100%の返金保証付き!

 

1.SARABA(サラバ)の料金は一律30,000円

このSARABAはサービス料金が職歴関係無く一律30,000円(税込)になっていて、追加料金も一切かかりません。

https://affiliate.taisyokudaikou.com/link.php?id=N0000057&adwares=A0000001

SARABAにはオプションによる追加料金が掛からず、24時間対応に加えて電話による相談回数も無制限となってます。

中には最初の価格が格安になっている業者もあるんですが、即日対応や時間外の対応によってプラスのオプションが掛かってくる場合が多いんですね。他にも見積もり次第で料金が上がったりする所もありますが、SARABAの一律30,000円という料金は破格でしょう。

2.SARABA(サラバ)は電話に24時間対応且つ即日退職が可能

SARABAは24時間対応していて、LINEやフリーダイヤルでいつでも相談できます。なので、辞めたい感情が込み上げて来た深夜でもスピーディーに電話相談してしまう事が可能です。

更にSARABAは「辞めたい!」と思ったその日に依頼すれば即日で対応してくれるし、辞表を出す事以外にも離職票や雇用保険被保険者証などの必要書類、そして有給消化の手続きなんかも依頼する事ができます。

3.SARABA(サラバ)は万が一退職できなくても100%の返金保証付

SARABAは多数の退職代行の成功実績を収めており、その成功率はほぼ100%。なので依頼すればほぼ退職出来るといって間違い無いでしょう。

そして、万が一退職出来なかった場合でもSARABAには100%の返金保証が付いてるので、一度依頼すれば安心して業者に任せる事が出来ます。

 

 

人間関係で悩んでいるあなたは一刻も早く転職を考えよう!!無理なら退職サービスを使おう!!

ここまで人間関係で悩んでいるあなたに一刻も早く転職することをおすすめしてきました。

何度も言いますが、退職=逃げではありませし、恥ずかしいことではありません。むしろ今の日本社会においてはごく普通のことです。私も最初の会社を退職すると決意してもなかなか実行に踏み出せませんでした。なのであなたの気持ちは良くわかります。

でも後回しにすればするほど辞めにくくなってしまいますし精神的にも良くないことは明らかです。
もし、退職を上司に言いにくいほどの環境であれば私も体験した退職代行サービスを使いさっさと居心地の悪い職場とおさらばしましょう。

転職や退職代行サービスで不安なことがあるならば私にも相談してくれても構いません。