わたしが使った退職代行SARABAの詳細はこちら

女の職場の人間関係はめんどくさい!女が嫉妬する女の特徴12個のまとめ

女性ばかりの職場というのは、ややもすると「嫉妬」という感情が渦巻き、人間関係がとても複雑でやりにくいことが多い世界です。

そのような世界に無知のまま飛び込むのは、裸で嵐の海に繰り出すようなものです。

思いもかけないトラブルに巻き込まれる危険性があります。

「まさか、テレビドラマの世界じゃあるまいし~!それはオーバーでしょ・・・」

そう思われるかも知れませんが、嫉妬深い女性は大抵どこにでもいます。

そういう女性は、あなたが思いもよらないような些細なことにもジェラシーを感じ、攻撃をしてくることが多々あるんです。

特に、女性ばかりの職場では、自分は自慢のつもりじゃなくても「自慢した」と受け止められたり、お客に褒められたことがきっかけで無視されたりということが、当たり前のように起こります。

そのようなトラブルに巻き込まれないようにするためにも、普段から嫉妬されない女性でいることが賢明なんです。

「でも、そもそも、私には嫉妬される要素なんてないし・・・」

そう思ったあなたは、認識が甘いと言わざるを得ません。

ここでは、「女性が嫉妬する女とは、どのような人なのか」を解説します。

本文を読めば、どのような点に気を付ければ、女性の嫉妬による余計なトラブルに巻き込まれずに済むのかが分かると思います。

同僚の嫉妬心をあまり刺激しないように注意して、ぜひ平穏に職場の人たちと過ごせるようにしてくださいね!

スポンサーリンク

女性が嫉妬する女の12の特徴とは?

嫉妬深い女性が思わず嫉妬してしまう女性には、12の共通の特徴があります。

これらを把握することで、嫉妬する女性の心理が理解できるので、嫉妬深い女性への対策が容易にできるでしょう。

では、順番に見ていきましょう。

 

特徴1:異性にモテる

女性は<女の幸せ>に非常に敏感なので、男性にモテる女性は嫉妬の一番の標的です。

男女平等とか、男女同権が叫ばれている現代でもなお、恋愛においては、まだまだ日本の女性は男性に選ばれる立場であるという考えが根強くあるのです。

実際、意中の相手にアプローチしたり、プロポーズするのは、男性から女性へというケースがまだまだ圧倒的です。

そして、男性の場合は、女性にモテるためにいろいろ努力して、例えば若手実業家として成功したりすれば、芸能ニュースで話題になるように、モデルや芸能人アイドルなどの美女をゲットできますよね。

一方、女性は、自分にアプローチしてくる男性が現れて初めて、その中から選ぶことができるのです。

男性にモテようといくら努力したとしても、その努力が必ずしも報われるとは限らないのです。

男性を振り向かせるために、自分磨きをしたり、お金を稼いだり、尽くしたりしても、寄ってくるのは依存的な「ヒモ」タイプの男性ばかり・・・という、いわゆる男運に恵まれないケースも少なくありません。

つまり、男性は自らの努力によって女性を選べるチャンスが多いのに比べて、女性は努力しても男性を選べるチャンスは少なく、運次第ということになりがちです。

そうした背景もあり、女性は自分の努力だけで意中の相手をゲットできるチャンスが少ないので、男性にモテる女性は真っ先に嫉妬の標的にされやすいのです。

 

特徴2:職場の男性と仲がいい

職場の男性と仲がいいというのも、要注意です。

特に、男好きな女性は、周囲の男女の人間関係も入念にチェックしています。

そして自分よりも男性と仲良くしている女性を見ると、強い嫉妬心にかられ、時に女の感情丸出しで攻撃してくることがあります。

特に、仲良くしている男性が、自分が密かに好意を寄せている相手でもあろうことなら、その攻撃はなおさらひどいものになるでしょう。

この手の女性は、突然の無視、冷たい態度、さらには<彼女は男好き>という噂を流すこともあります。

このような嫌がらせをしてくることが多いので、くれぐれも気を付けなければいけません。

 

特徴3:周囲から「イイ人」と言われている

女性は周囲からの評価や、他人と比べて自分はどうかという点に非常に敏感です。

そのため、他人から良い評価をされている人を見ると、ついつい自分は評価されていないと言われているような気持ちになってしまう傾向があります。

そして、その不満が<イイ人>と評価されている人へのいわれなき嫉妬心へと変わってしまうのです。

 

特徴4:上司に気に入られている

上司に気に入られている人も、前項の理由と同様に嫉妬の対象になります。

女性の社会進出が進んだとはいえ、まだまだ男性が優位な社会なので、女性は自分が正当に評価されていないんじゃないかという不安を常に抱えています。

そのため、上司に気に入られている人を見ると、焦りや劣等感を感じます。

さらに、自分よりも、上司に気に入られている人の方が好条件で働いていると感じたら、そこから「ずるい」という感情が生まれます。

(能力は同じはずなのに、あの人は上司に気に入られて、ひいきされているから、私より条件がイイ・・・)

このような嫉妬は、実際に差があるのかどうかは関係なく本人が<差別>を感じた時点で生じます。

そのため、上司に気に入れられている人は、自分の知らないところで思わぬ嫉妬をされている可能性があるのです。

 

特徴5:お客からの評価が高い

前項・前々項と同様に、お客からの評価が高い人も、嫉妬されやすくなります。

とにかく女性は、周囲と比べて自分はどうかを気にします。

なので、自分よりも高い評価を受けている人は、自分にとって脅威なわけです。

「お客からの評価が高い○○さんのせいで、自分が劣って見られているんじゃないか」という被害妄想的な不安に駆られて、その感情が嫉妬となるのです。

 

特徴6:容姿が良い

容姿は、女性にとって最も気になる要素ですよね。

何といっても、可愛い人、美人な人はハイスペックな彼氏をゲットする確率が非常に高いですから。

ハイスペックな男性にはたくさんの女性が寄ってきますが、その中で誰を選ぶかというと、やはり若くてきれいな人を選ぶ傾向にあります。

選べる立場にある男性なら、ごく自然の選択と言えるでしょう。

なので、容姿が良いと、明らかに異性にモテるようになる半面、同性から嫉妬されやすくなります。

女性にとって美しい容姿は最強の武器なので、その武器を持っていない女性からすると、とっても羨ましく妬ましいのです。

 

特徴7:高学歴

高学歴の女性も、嫉妬されやすい傾向にあります。

特に、自分と同じようなレベルの人だと思っていたのに、実は国立大学や超有名私立大学卒業だったという事実に接すると、出し抜かれたような気持ちになってしまいます。

そして、学歴という目に見える順位によって、今さら変えようのない差に嫉妬するのです。

 

特徴8:実家がお金持ち

前項の学歴と同様で、自分と同じようなレベルの人だと思っていたのに、実はお嬢様だったという場合も、出し抜かれたような気持ちになってしまいます。

また、女性は自分より恵まれている人に嫉妬する傾向が強く、自分ではどうすることもできない、生まれ育った環境に恵まれている人に嫉妬してしまうのです。

2世タレントが叩かれやすい理由も、ここにあります。

視聴者の多くが、2世タレントは親の七光りのお蔭で、生まれた環境が恵まれているから、テレビに出ている(出られる)という印象を持っていますよね。

その印象が嫉妬の種となり、結果的に2世タレントがお茶の間で叩かれやすくなるのです。

このように、実際はどうかということは関係なく、本人の努力ではなく単に生まれた環境が良かっただけと思われると、嫉妬されやすくなります。

 

特徴9:彼氏、旦那がハイスペック

彼氏や旦那が高学歴でイケメン、高給取り、しかも優しいといった、ひと昔前に流行った「3高」のようなハイスペックな人の場合も、嫉妬されやすくなります。

既述したように、女性は<女の幸せ>に敏感です。

仕事で成功を収めている女性より、仕事はできないけど彼氏がハイスペックの女性の方が世間的には<勝ち組>と評価されるほどです。

なので、嫉妬されたくなければ、職場で彼氏や旦那の話(特に自慢話)をむやみにしないように気を付けましょう。

 

特徴10:子供が優秀

ちょっと裕福な家庭の集まりでは、子供の成績が親のステータスの一つになることがよくあります。

特に小学校受験、中学校受験をする家庭の場合、親も必死なため、自分の子供よりも優秀な子を見ると、焦りを感じてしまいます。

そして、「優秀な子の親でありたい」という思いが強い親は、他の優等生の子に対して強い劣等感を抱きます。

子供にとっては迷惑な話かも知れませんが、子供の成績が親たちの嫉妬心の原因にもなっているのも現状なのです。

 

特徴11:天才肌に見える

自分は一生懸命やっているのに、なかなかうまくできない。

そんな時に、隣で万事そつなくこなす同僚を見ると、思わず羨ましさを通り越して、恨めしくなります。

その同僚も本当は陰で努力しているのかも知れませんが、そのことを知らずに<天才肌>と早合点した途端に、相手と自分の状況の差にショックを受けてしまいます。

その結果、嫉妬という感情がうごめくようになってしまうのです。

 

特徴12:自分よりも恵まれている

総じて、自分よりも恵まれている人を見ると、無性に嫉妬してしまうのが女性です。

例えば、「同じ職場内なのに、部署が違うという理由で残業時間が違う」ケース。

そのような場合は、「何で、あの人はいつも定時で帰ってるの?ズルい」という見当違いの思い込みが起こります。

また、ワーママ同士でも、旦那が家事育児に協力的でない人は、旦那が家事に協力的な人に嫉妬します。

「○○さんは楽だろうな」となってしまうのです。

女性は他人と比べて自分はどうかという考え方をする人が多いので、恵まれている環境の人を無条件で羨ましく思ってしまうのです。

 

Free-Photos / Pixabay

 

「自分と同レベルだと思っていたのに実は違った人」に思われないように気を付けよう。

すでに説明したとおり、自分と同レベルだと思っていたのに実は違った、自分より上だったというパターンが、相手に一番強いショックを与えます。

初めから自分が明らかに負けだと認めている相手には、そこまで嫉妬しません。

例えば、女優の北川景子さんのように美人な同僚がいたとして、その人がハイスペックな男性と結婚しても、「当然だよね」と思えますよね。

しかし、それが自分と同じくらいの容姿、もしくは自分よりも下だと思っていた女性が、ハイスペックな男性と結婚したら、素直に喜べる女性というのは少ないのではないでしょうか。

正直、「何で、自分ではなく、あの子が?」という気持ちが強く出てきてしまうはずです。

他にも、職場の同期で同じ給料の人が、給料とは別に株式投資で月20万円稼いでいたという話を聞いたら、どうでしょうか?

こちらも、何か出し抜かれたような気持ちになってしまうと思います。

このように、自分と同じだと思っていたのに、実は違ったというのは、かなりの衝撃を受けるのです。

そのため、自分が嫉妬されたくなければ、<みんなと同じ>ように見せる必要があるのです。

それが、女社会で生きていく上では重要な知恵と言えます。

 

女が嫉妬する女の特徴12個!まとめ

とかく、男性に比べて、女性には嫉妬深い人が多いのですが、その嫉妬の原因となるものは多岐に渡ります。

嫉妬深い女性は男性関係、職場内の評価、学歴、家柄・・・、様々な要素をマウンティングして、内心「勝った」「負けた」と一喜一憂しているのです。

なので、変な嫉妬による不必要な争いに巻き込まれたくなければ、自分の身の上話はむやみに話してはいけません。

まさに、「出る杭は打たれる」のです。

また、嫉妬深い人がどのようなことに嫉妬するのかを知っておくことも、自分の身を守るためには不可欠です。

時には、自分が「嫉妬する側」に立ったことがある人もいると思います。

思い当たる節がある人は、「人の振り見て、我が振り直せ」という格言を思い出しましょう。

そして、ぜひ本文を参考にして、嫉妬深い女性に嫉妬されることのないように注意してくださいね!