わたしが使った退職代行SARABAの詳細はこちら

女の職場は嫉妬がうごめく怖い世界!平穏に過せる5原則を徹底解説!

女性ばかりの職場で働いている場合、嫉妬が原因で生じる人間関係トラブルに巻き込まれないように、注意しなければなりません。

女性の中には、周囲からの評価が高い人や、可愛い人、彼氏のスペックが高い人など様々な側面から、相手に嫉妬をする人がいるんです。

「だから?」と思われるかも知れませんが、この嫉妬心こそが厄介事の種なのです。

女の嫉妬は恐ろしく、一度嫉妬心を抱くと、そこから悪口大会が始まったり、いじめや嫌がらせに発展することもあるのですから。

そのため、女性だけの職場で平穏に働くためには、

・どのような場面で嫉妬されやすいのか?

・嫉妬されないためには、どうしたらいいのか?

について、十分理解しておく必要があります。

嫉妬によって変な争いに巻き込まれないようにするためには、必ず知っておくべき知識なので、ぜひ身に付けて、平穏な日々を過ごしましょう。

 

スポンサーリンク

なぜ、女の職場では嫉妬がうごめくのか?

嫉妬というと、彼氏・彼女といった恋愛関係を思い浮かべる人も多いと思いますが、女性だけの職場でも、女性同士の嫉妬がうごめき、空気がギシギシと音を立てていることが珍しくはないのです。

あの空気感は、女性の職場特有とも言えるでしょう。

それにしても、女性はなぜ<嫉妬>という感情を抱いてしまうのでしょうか?

まずは、嫉妬が起きる時の心理について、見てみましょう。

 

女性は、自分にないものを持っている人に嫉妬する

女性は、自分にないものを持っている人を見ると、自分の置かれている状況とのギャップに劣等感を抱き、嫉妬してしまうのです。

・自分よりも成績が優秀な人

・自分よりも上司に気に入られている人

・自分よりも異性にモテている人

このように、自分にはないものを相手が持っていた場合に、嫉妬という感情が芽生えるのです。

ただ、自分に持っていないものを持っているからといって、誰にでも嫉妬心を抱くわけではありません。

女性は、自分と似ている、もしくは自分よりも下だと思っていた相手が、自分にないものを持っていた時に、強く嫉妬するのです。

よくあるのが、

・自分よりもブスだと思っていた人の彼氏がハイスペックだった。

・自分よりも仕事ができない同僚の方が、先輩に気に入られている。

このような時ほど、女性の嫉妬心を駆り立てる要素はありません。

自分が美人だと認めている相手にハイスペックな彼氏がいたり、自分が尊敬している人が出世していったりする場合も、羨望のあまり多少嫉妬しますが、前者に比べると微々たるものなのです。

自分と同じくらい、または自分より下だと思っていた相手が、自分よりも一歩リードしている時に、「なんで、あの女が!?」という感情がフツフツと湧き上がってきてしまうのです。

 

女性は、自分のものが奪われそうだと感じた時に嫉妬する

女性は、自分のものが奪われそうだと感じた時にも嫉妬します。

よくあるのが、「彼氏が別の(可愛い)女の子と仲良くしているのが許せない」といったものです。

これは、可愛いかどうかは係わらず、別の女の子に彼氏を奪われるかも知れないという不安によって、もたらされる嫉妬なのです。

このような嫉妬は、恋愛だけでなく職場でも生じます。

例えば、これまで自分は仕事を頑張り、同僚や上司からの信頼も厚く、順調な日々を送っていたとします。

そのような時に、同じ年の女性が自分の部署に、新たに配属されてきました。

彼女は、高学歴で、しかも人望も高いようです。

そして、実際に仕事をしてみてもピカイチだった場合、「これまで自分が築いてきた居場所をこの人に奪われるんじゃないか?」という不安に襲われます。

特に女性の場合は、「○○さんって、仕事ができるし、人柄もいいよね」と他の人が褒めているのを聞くと、「自分はできていない」と否定された気持ちになる傾向があります。

そのため、この新人の評価が上がれば上がるほど、逆に自分が評価されていないというふうに受け止めてしまい、さらに嫉妬してしまうのです。

 

女性が嫉妬する女性の特徴とは?

女性は、嫉妬した相手に対して、<いじめ>という形で攻撃する場合があります。

もともと、女性は努力して相手より優位に立とうという考え方より、相手を蹴落として優位に立とうという考え方をする傾向にあります。

そのため、自分の知らないところで勝手に嫉妬され、いじめの標的にされてしまう危険性があるのです。

あなたが、そのような嫉妬の被害者にならないためにも、どのような女性が嫉妬されやすいのかを、あらかじめ知っておきましょう。

 

上司に気に入られている

まず、上司に気に入られている女性というのは、嫉妬の対象となりやすいのです。

特に、上司が気分屋で、好き嫌いがはっきりしている人であればなおさらです。

「以前、私がミスした時はすごい剣幕で怒られたのに、何であの子が同じミスした時は怒らないの?」

「私はあの子よりも頑張っているのに、何であの子の方が評価されてるの?」

もし、あなたが上司に気に入られている場合、あなたに何の落ち度がなくても、周囲の女性からこのように敵視されてしまう危険性があるのです。

 

周囲からの評価が高い

同様に、周囲から評価されている女性も、嫉妬されやすいです。

後輩から「○○さんの指導はとても分かりやすい」と言われていたり、同僚から「○○さんなら、上手くやってくれるはず」と期待されているからといって、皆がその意見に共感しているとは限りません。

前章でも述べましたが、女性は他の人が褒められていると、自分はできていないと否定されているような気持ちになりがちなのです。

そのため、同僚が周囲から高評価を受けていることに対して劣等感を感じ、「何であの人が皆に評価されてるの!?」と、不満に思う人もいるのです。

また、女性の場合、他人を褒めていても、本心で言っているのかどうかは分からないということを覚えておきましょう。

女性は、他人を褒めることで、「自分は人を褒めるだけの余裕がある人間だ」とアピールする場合もあるのです。

そのため、「○○さんっていつも頼りになりますよね!」なんて言いながら、実は周囲から評価されている○○さんに嫉妬している、なんてこともよくある話なのです。

 

嫉妬深い女性の友達と仲良くなる

とりわけ、嫉妬心の強い女性の友達と仲良くなると、ものすごい勢いで敵視されるようになります。

これは、あなたに友達を取られるかも知れないという不安から来ています。

嫉妬深い女性は、彼氏だけでなく友達も束縛したがる傾向があるので、嫉妬深い女性の友達と仲良くなると、嫉妬深い女性にとっては、あなたという存在を邪魔に感じるようになってしまうのです。

そのため、自分と仲の良い子に「何で、あんな人と付き合っているの?」などと悪い噂を流して、仲の良い子からあなたを引き離そうとします。

 

容姿が可愛い

単純に容姿が可愛いという場合も、嫉妬されやすくなります。

特に、容姿が可愛いことで異性からモテていたり、何かしらの得をしていたりする場合に、強く嫉妬されます。

ただ、容姿が可愛くても、職場やプライベートで何の得もしていない相手に対しては、嫉妬心を抱きません。

例えば、可愛いけど恋愛下手とか、美人だけど中身がオヤジ臭くてモテないという場合は、嫉妬されることはありません。

むしろ、好感度が上がる場合もあります(笑)。

女性というのは、自分よりも幸せな女性に嫉妬するので、単に可愛くても「自分よりも幸せそう」と感じなければ、敵視することはないのです。

 

彼氏・旦那のスペックが高い

女性は、自分の社会的地位以上に、「女の幸せ」に敏感です。

そのため、彼氏や旦那のスペックが高い場合、それだけで嫉妬の対象となります。

女性の場合、自分が高学歴で高収入であったとしても、低学歴で低収入だけど彼氏や旦那がハイスペックという女性に対しては、自分が負けたように感じてしまいます。

そして、そのような場合に、「何であんな女にハイスペックな彼氏がいるの?」「絶対に彼氏の前で猫かぶってるはず!そうでもなければ、おかしい!」というような不満に発展するのです。

私が昔働いていた職場でも、医者と結婚した先輩がその日を境に、「セックスのテクニックで玉の輿に乗った」という意味不明な噂を流されていました。

傍から見たら、ただの嫉妬にしか見えませんし、そのような噂を流している人間が哀れに思えてしまうのですが、ただ言われている本人からしたら、不愉快極まりないことですよね。

 

輝かしい経歴がある

自分と同じくらい、または自分より下だと思っていた相手に輝かしい経歴がある場合も、嫉妬の原因になります。

今は、同じ仕事で給料も同じ。

自分と同じ人種だと思っていた相手が、

・実は帰国子女だった

・実は高学歴だった

・実は英語がペラペラだった

なんてことが判明した途端、何とも言えない出し抜かれた気持ちになってしまうのです。

そして、裏切られたような気持ちなども入り混じり、嫉妬心へと変わっていくのです。

 

育ちが良い

前述に続き、自分と同類だと思っていた人が、実はいいところのお嬢さんだった場合も、嫉妬されます。

元来、女性は、平等を求める生き物なのです。

そのため、たまたま生まれた家庭環境が良かったというだけで恵まれている相手に対して、妬みを持ちます。

 

幸せそう

要するに、女性というのは、自分より幸せそうな女性に嫉妬するのです。

仕事の面だけでなく、私生活や生まれ育った環境も恵まれている。

お金に苦労している印象はなく、人間関係でも誰とでもうまくやっている。

等々、ありとあらゆる観点から見て、自分よりも幸せそうな女性に対して、嫉妬してしまうのです。

 

女性に嫉妬されないための対策は?

女性は、嫉妬する相手に対して、時に嫌がらせをするようになる場合があります。

あなたが嫉妬からの嫌がらせに合わないためにも、女性に嫉妬されないための対策を講じておきましょう。

 

嫉妬深い女性に、対抗心を持たない

嫉妬深い女性に対して、対抗心を持ってはいけません。

嫉妬深い女性というのは、時に露骨な態度であなたに対抗してくることがあるでしょう。

「あなた、これ分かってるの?」なんて、偉そうに<上から目線>で言ってきたり、陰であなたの噂を流したりと、陰湿なことをしてくる場合もあります。

しかし、このような時に相手に対抗心を持ってはいけません。

対抗心を持つと、さらに相手の不安を刺激し、もっと敵視されるようになって、火に油を注ぐような結果を招いてしまうのです。

嫉妬深い女性というのは、陰湿なことをしてくるケースも多いので、相手の嫉妬心を刺激するようなことは避けましょう。

相手のやり方にムカついても、下手に対抗心を持たず、これから説明することに注意した方が、あなた自身が気持ちよく職場で過ごせるようになりますよ。

 

自慢話をしない

下手に嫉妬されることを避けるために、自慢話は控えるようにしましょう。

わざわざ自分から自慢話をするのは避けるべきですし、他人から「あなたって、○○大卒なんでしょ!?本当にすごいですね」と言われても、謙遜して応えるようにしましょう。

「いえいえ、全然すごくないんです。運が良かっただけで、たまたまです」と謙虚に対応することで、相手に嫉妬されるリスクを避けるのです。

 

人間関係の潤滑油になる

もし、あなたが上司に気に入られていたり、周囲から評価されている場合は、人間関係の潤滑油になることで、嫉妬深い女性にとってのメリットになってあげましょう。

あなたが上司に話しかけられている時は、「そのことなら○○さんが詳しいです。○○さん、教えてください」と話に巻き込んだり、周囲の人から、「本当にあなたって、頼りになるわね」と言われた時は、「いえ、○○さんにいつも教えてもらっているんです」と、嫉妬深い女性を持ち上げるようにします。

そうすることで、あなたが周囲から評価されていることが、嫉妬深い女性にとってメリットに感じられるようにするのです。

自分のことが評価されれば、いくら嫉妬深い女性でも悪い気はしません。

あなたを見直すようになるでしょう。

 

手柄を相手のものにしてあげる

先に述べた通り、自分の手柄は嫉妬深い女性の手柄にしてあげましょう。

あなたが褒められた時は、

「いえ、○○さんが手伝ってくれたので」

「○○さんが、こうした方がいいって教えてくれたんです」

など、たとえ実際は嫌味を言われていたとしても、それを助言してくれたと言い換えて、相手に手柄を譲りましょう。

そうすることで、嫉妬深い女性は、あなたを仲間だと認識して、攻撃しなくなります。

また、手柄を譲ると、損したような気持ちになるかも知れませんが、ちゃんと周囲の人はあなたの大人の対応を見ているものです。

また、嫌味ばかり言ってくる人に手柄を譲るというあなたの心の広さに、周囲の人は感心するでしょう。

そして、「あなたって、どこまで良い人なの?」と、あなた自身の株を上げることにもなります。

なので、もったいないなんて言わずに、相手に手柄を譲る余裕を持ちましょう。

 

自然体でいる

誰にも媚びないし、誰の顔色もうかがわない、自然体の人間になりましょう。

あなたの周りにも、誰からも好かれる人っていますよね。

皆から好かれる人なんて、嫉妬深い人に激しく嫉妬されそうですが、そんな嫉妬深い女性でさえ、心を許してしまうという人がいます。

そういう人の共通点は、「自然体」です。

自然体の人は、多くの人を引き付けます。

そして、本人自身も人間関係を自然体に任せているので、ストレスを溜めていないんです。

ストレスと上手く付き合っていかなければならない現代社会の、まさに理想形ですね。

あなたも、そのような自然体の人間を目指しましょう。

 

たまに、自虐ネタを言う

たまに、自虐ネタを放り込むのも、有効です。

常に不幸を自慢する人というのは、周囲からうっとおしがられますが、たまに自虐ネタを言う程度の人は、一気に好感度が上がります。

「むっちゃ可愛い帽子見つけたのに、私の頭が大きすぎてサイズがなかってん」

「課長に提出しなアカン書類を、期日ギリギリにも関わらず忘れてしまって、むっちゃ怒られてん」

このような失敗談を笑い話に変えて話をすることで、周囲の人から「この人も自分と同じような人なんだ」と認識してもらえます。

この「自分と同じ」というふうに思ってもらえることがポイントなのです。

相手の嫉妬心に安心感を与えることができるので、嫉妬されるという状況を回避できるようになります。

ただ、初めに述べたように、行き過ぎた不幸自慢はかえって面倒がられるので、自虐ネタはたまに話すように気を付けて下さいね。

不自然にならずに、あくまで<自然体>で・・・。

 

職場の人間関係に疲れたら、転職しよう

もし、今の職場で女性の嫉妬による争いが生じていて、そのような環境に疲れを感じている場合は、最終手段として、転職することも視野に入れましょう。

女性の嫉妬がうごめく職場で働いていると、空気全体がギシギシとしていて、居心地の悪い雰囲気がありますよね。

常に人の目を気にして、誰かの反感を買わないように発言にも気を付けて・・・、本当に神経がすり減る思いだと思います。

こんな職場の雰囲気に飲み込まれながら働くなんて、誰だって嫌ですよね。

もし、これ以上耐えきれなくなったら、無理にガマンし続ける必要はありません。

ノイローゼになって心身を病む前に、思い切って転職することで、今の人間関係から離れてしまいましょう。

職場の人間関係の悩みというのは、その場を離れてしまえば、何も悩むことはなくなります。

また、女性ばかりの職場だからといって、全ての職場で嫉妬がうごめいているのかというと、必ずしもそうではありません。

私がこれまで働いてきた女性社会でも、非常に働きやすい職場もありました。

なので、あなたも嫉妬深い女性ばかりの職場で神経をすり減らしているのなら、もっとサバサバと付き合っていける人間関係の職場に転職しましょう。

そのような職場で働くだけで、周囲の目を気にすることなく、ノビノビと働けるようになりますよ。

 

さいごに

女性は、自分にはないものを持っている人、自分の持っているものを奪いそうな人に対して、嫉妬心を抱きます。

特に、

・上司に気に入られている

・周囲からの評価が高い

・嫉妬深い女の友達と仲良くなった

・容姿が可愛い

・彼氏・旦那のスペックが高い

・輝かしい経歴を持っている

・育ちが良い

・幸せそう

という人は、嫉妬の対象になりやすいです。

そして、女性は嫉妬した相手に対して、嫌がらせをすることがあります。

その嫌がらせを回避するためには、

・嫉妬深い女性に、対抗心を持たない

・自慢話をしない

・人間関係の潤滑油になる

・手柄を相手のものにしてあげる

・自然体でいる

・たまに自虐ネタを言う

という対策が必要です。

このような対策を取ることで、嫉妬されることを回避し、職場で平穏に過ごせるようになりますよ。