わたしが使った退職代行SARABAの詳細はこちら

【女の職場のいじめ】女の争いをスルリとかわす5つの方法

女性の嫉妬が渦巻く職場ほど、面倒くさいものはありません。

とかく、女性は自分よりも恵まれている人や、自分と同レベルだと思っていたのに実は相手の方が上だったと知った時に、強い嫉妬心を抱きがちです。

こんな時、勝手に嫉妬されるだけなら、まだよいのですが、女性の場合は嫉妬心から嫌がらせをしたり、仕事に悪影響を及ぼしたりする場合があります。

なので、ただ「相手にせず、無視しておけばよい」だけでは、済まないことがあるのです。

そこで、ここでは、

・女性の嫉妬が、仕事にどう悪影響を及ぼすのか

・女性の嫉妬による争いをかわすには、どうしたらよいのか

について解説します。

適切な対策方法を知っておくことで、平穏に仕事ができる環境を作りましょう。

 

スポンサーリンク

女の嫉妬が面倒くさい理由

女性の嫉妬がなぜ、こんなにも面倒なのでしょうか?

女性の嫉妬は、「放っておいたらよい」のひと言で簡単には片づけられない理由がここにあります。

他人を巻き込んでくる

嫉妬深い女性が職場にいると、周りにいるいろいろな人を巻き込んでくるので、職場内のコミュニケーションが円滑なものではなくなります。

例えば、AさんがBさんに嫉妬していたとします。

すると、AさんはBさんと仲がいいCさんに「何でBさんと仲良くしてるの?Cさんみたいに良い人が何でかなぁ?と思って・・・」などと絡んでいくのです。

CさんよりAさんの方が先輩の場合、その発言には圧力がかかりますよね。

するとCさんは、「Aさんの前で、Bさんと仲良く話すのは避けた方がいいのかも・・・」と、なるでしょう。

このようにして、職場内の人間関係をかき乱していくのです。

 

仕事に悪影響を及ぼす

嫉妬深い女性が職場にいると、時にはダイレクトに仕事に悪影響を及ぼすこともあります。

「Aさんと話したくないから」という理由で、直接Aさんに言わなくてはいけないこともすべて伝言で済ませようとしたり、時にはAさんに伝えるべき連絡を無視したりします。

分別や常識のある人間なら、どんなに折り合いの悪い相手でも、仕事に影響させないように上手く調整していこうと努力するのが普通です。

しかし、非常識な女性は、仕事への影響よりも自分の感情を優先するうえ、相手を陥れるために、わざと「報連相」をすっぽかす場合もあるのです。

実害レベルでいうと、仕事への悪影響が一番被害が大きいと言えるでしょう。

 

相手やその日によって、機嫌が変わってくる

嫉妬深い女性は、一緒に仕事をする相手やその日の気分で、機嫌が大きく変わります。

そのため、一緒に仕事をする人間からすると、必要以上に気を使って本当に扱いづらいものです。

結果として、円滑なチームワークが取れなくなり、仕事でも連携ミスが発生しやすくなります。

 

変な噂などを流される場合がある

嫉妬深い女性は、自分が優位に立つために、相手を陥れようとする場合があります。

よくあるのが、変な噂を流すというものです。

「あの人が昇進したのは、部長とデキているから」

「あの人はウソをつくから、気を付けた方がいい」

というようなウソの噂を平気で流す人がいます。

私自身、仲の良い子がそのような噂を流されているのを聞かされたことがあるのですが、その話を振ってきた本人に「それ、誰が言ってたの?誰かその場面を見たの?」と突っ込んで聞くと、「いや~、そこまで知らないけど・・・、噂で流れてきた」という曖昧な返事しかしませんでした。

実際、その噂はどこから湧いてきたのかは未だに不明ですが、スキャンダルなネタというのは周囲の人も面白がるので、ウソの話でも簡単に拡散されてしまうんです。

でも、そのような噂を流されている本人からすると、たまったものではありませんし、仕事もやりづらくなってしまいます。

このように様々な悪影響があるので、女性の嫉妬は「放っておいたらよい」では片づけられないのです。

ではどうすれば、嫉妬深い女性と上手くやっていけるのでしょうか?

次の章で、詳しく解説しますね!

 

女の争いをスルリとかわす5つの方法

次に、女性の嫉妬による争いをスルリとかわす方法を解説していきます。

その前に、まずは、女性心理を理解しておきましょう。

女性がなぜ嫉妬してしまうのか。

どんな場面で嫉妬してしまうのか。

それを知っておくことで、自分が知らないうちに、いつの間にか変な嫉妬心を抱かれていたという状況を防ぐことができます。

こちらの記事では、嫉妬深い女性の心理について詳しく解説したうえで、女性の嫉妬による争いをスルリとかわす5つの方法を紹介します。

 

その1:「ふ~ん・・・」と受け流し、相手に「あれ?」と思わせる

嫉妬深い女性の話を聞くときは、「ふ~ん」と軽く受け流すくらいがちょうどよいのです。

嫉妬深い女性は、自分の話を相手に聞いてもらうことで、自分の思い通りに皆が動くことを期待しています。

例えば、誰かの噂話をすることで皆がその人のことを嫌いになるとか、自分の自慢話をすることで相手に「すごい」と思われたいとか、そのような期待を持っているのです。

しかし、だからといって相手の期待通りに動いてしまうと、ますますエスカレートしていく可能性があるので、「ふ~ん」と、聞いているのか聞いていないのか分からないような微妙な返事をしておきましょう。

そうすることで、相手に「あれ?」と思わせることが大切です。

面と向かって否定すると、相手はあなたに対して敵視してくるようになり、また違ったトラブルに発展してしまう恐れがあります。

その点、「ふ~ん」と軽く受け流すだけなら、「あれ?なんか私まずいこと言った?」と、本人に自分自身を客観視する機会を与えることができるのです。

そうなれば、相手の発言や暴走を少しずつ抑えることができるようになりますよ。

 

その2:プライベートの話をしない

変な嫉妬をされないためにも、プライベートな話をしないのが一番です。

嫉妬深い人は、どこで嫉妬心をかき立ててくるか分かりません。

・先日、上司から褒められたこと

・彼氏ができたこと

・同僚のCちゃんと旅行に行くこと

などなど、あらゆることが嫉妬の原因となり、ひいてはあなたへの攻撃のきっかけにもなり得るのです。

そのため、下手に自分の話をするのは避けておきましょう。

 

その3:相手のマウンティングをスルーする

相手のマウンティングはスルーしましょう。

嫉妬深い女性は、あなたのことを根ほり葉ほり聞いてきたり、<上から目線>でものを言ってきたりします。

しかし、そんな時に対抗心を燃やしてはいけません。

対抗心を燃やせば燃やすほど、あなた自身がエネルギーを吸い取られ疲弊していくだけです。

適当に受け流すのに越したことはありません。

 

その4:上司や男性との関り方に注意する

嫉妬深い女性は、あなたが上司や男性の同僚と仲良くしているのを見るのが面白くありません。

そのため、上司や男性社員と仲がいいということを引き金に、嫌がらせをしてくることも十分考えられます。

そのような事態を避けるためにも、仕事中は上司や男性社員とむやみに雑談などをしない方が無難です。

 

その5:手柄を相手に渡す

嫉妬深い女性には、手柄を渡してしまいましょう。

「○○さんが教えてくれたので」

「○○さんがしてくれました」

など、相手の手柄という形で皆に公表してあげると、相手は「自分のことを評価してもらえている」と思い、安心します。

嫉妬深い女性の嫉妬の根源となっているのは、本人の中にある漠然とした「不安」なので、安心感を得ると、嫉妬心も徐々に落ち着いていきますよ。

そうすることで、周囲への攻撃性も落ち着いてくるので、あなたにとっても周囲の人にとっても平和になります。

なので、相手に手柄を譲ってあげましょう。

「なんか納得できないな」と思うかも知れしれませんが、「損して、得取れ」という諺のとおり、ちゃんと周囲の人はあなたの配慮を見てくれていますよ!

 

まとめ

嫉妬深い女性の嫉妬は、周囲の人を巻き込み、そして仕事にも悪影響を与えます。

そのため、「放っておいたらいい」と簡単に片づけるのではなく、きちんとした対応が必要です。

嫉妬深い女性の嫉妬心を上手に落ち着かせてあげて、職場の雰囲気が乱れないように気を付けていきましょう。