わたしが使った退職代行SARABAの詳細はこちら

女の職場でめんどくさい悪口ばかり言う人の隠れた心理とは?

女性ばかりの職場って、悪口ばかり言う人がいて、休憩中にその場にいない人の悪口で盛り上がる、なんて光景をよく見かけると思います。

そのような悪口は、聞いているだけでも嫌な気分になるし、自分も言われているかも知れないと思うと、不安になりますよね?

それに、悪口を振られた時に、どのように返したらいいかも、戸惑ってしまいますよね。

このように、悪口ばかり言う人がいる職場は、非常にストレスの多い職場なんです。

それにしても、悪口が好きな人って、なぜ悪口ばかり言うのでしょうか?

実は、悪口ばかり言う人の心の奥底には、知られざる心理が隠れているのです。

なので、その心理を理解していれば、あなたは悪口ばかりの職場でも傷つくことなく、適度な距離感を持って付き合っていけるようになれますよ。

本文を読んで、悪口ばかり言う人達の顔色を伺いながら働く毎日に、終止符を打ちましょう!

また、文章の一番最後に、どうしても解決できない人間関係の悩みを一瞬で解決する方法も紹介していますので、深刻な悩みを抱えている場合は、そちらも参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

悪口ばかり言う人の、知られざる心理とは?

人の悪口ばかり言う人は。いったい何が目的なのでしょうか?

実は、悪口を言う人には、知られざる心理があったのです。

 

共通の敵を作ることで、グループの結束力を強めたい

基本的に、悪口を言う人は、自分に自信がありません。

そのため、一人では何もできないので、自分が主導するグループを作ります。

悪口を言う人は、グループメンバー共通の敵を作ることで、自分がいるグループの結束力を強めたいと考えているのです。

そして、他人を蹴落とすことで、自分を安全な場所に置きたいと考えます。

そこで、特定のターゲットを定め、その人をグループ全体の敵に仕立て上げることで、そのグループを自分主導で確固たるものにしようとするのです。

共通の敵がいることで、グループの結束力が強まることは、心理学でも証明されているのですが、無意識にその心理を利用しようとしているわけです。

 

相手より、自分が優位に立ちたい

悪口を言う人は、相手の悪口を言うことで、相手より優位に立ちたいと考えています。

悪口を言う人は、自分に自信がないので、周囲に「○○さんより自分の方が優れている」ということを知らしめたいのです。

なので、時には職場で皆から信頼されている人が、標的になることもあります。

「何で、あの人があんなに評価されるの?こないだなんて、こんなミスをしたのよ!」という具合です。

これは、実際に私が以前の職場で聞いた悪口なんですが、その人は周囲から信頼されているAさんを羨ましく思うのと同時に、自分が評価されていないことに不満を感じたようです。

そのため、Aさんの揚げ足を取るように悪口を言うことで、自分の方が優れていると、周囲に知らしめたかったのだと思います。

このように、悪口は自分を優位に立たせたい時にも、利用されます。

<注意>
このような悪口は、優位に立つどころか、自分で自分の評価を下げるだけなので、あなたは絶対にしないでくださいね。

 

自分が正しいと、確認したい

自分の意見が正しいのかどうか自信がない時に、自分は正しいのだということを確認する意味を込めて、悪口を言う場合もあります。

女性は、自分の意見と合わない人に出会うと、自分の人格まで否定されたと思ってしまう傾向があります。

例えば、「保育園に子供を預けて働くなんて、子供が可哀想」という意見があったとします。

これは、単に1人の意見に過ぎないはずなのに、働くママは自分の生き方や子育てまで否定されたように受け止めてしまうのです。

この逆パターンも然りです。

このように、女性は自分と違う意見を聞くと、自分の生き方や人格を否定されたように受け止めてしまいます。

そうなると、腹立たしく感じると同時に、不安にもなりますよね。

「皆は、本当はどう思っているんだろう?」って。

そこで出てくるのが、悪口です。

「Bさんは、保育園に入れるなんて子供が可哀想って言ってるけど、Bさんの過保護っぷりの方が問題あるよね」というような悪口です。

そして、自分の意見に賛同してくれる人を見つけては、自分は間違っていないんだと安心するのです。

 

悪口で、自分が傷つかないための対処法とは?

悪口が蔓延している職場というのは、いろいろなストレスがありますよね。

その中でも、一番あなたが嫌だなと思っているのは、やはり自分自身が悪口を言われることだと思います。

誰だって悪口を言われて、いい気はしません。

あの人は、自分だけでなく皆の悪口を言っているのだと、頭ではわかっていても、実際に言われていると知ったら、とっても傷つくし、頭に来ますよね。

ここでは、悪口が蔓延している職場で、自分が傷つかないための対処法を紹介します。

 

悪口を真に受けない

まず、他人の悪口を真に受けないようにしましょう。

悪口を言う人は、自分に自信がないから言っているのです。

自分を優位に立たせるための材料を集めては、皆にお披露目しているだけに過ぎません。

なので、もし自分や自分の仲の良い人が悪口を言われていたとしても、真に受けてはいけないのです。

また、ここで注意したいのが、悪口を言っている人の話は、事実ではないということです。

物事って、解釈の仕方は100人いたら100人違うんです。

例えば、物静かな人を見て、「謙虚で良い人だ」と言う人もいれば、「黙り込んで、何考えてるのかわからない」と言う人もいます。

物事というのは、見る側のフィルター次第で、内容が180度変わってしまうのです。

そのため、悪口を言っている人は、その人の偏ったフィルターで物事を解釈しているに過ぎないのです。

なので、悪口を言っている人の話が事実かどうかは、その人の話だけでは全くわかりません。

また、その話に「そうそう」と賛同している人がいたとしても、その賛同でさえその人のフィルターで見ていることなので、事実かどうかはわからないんです。

ですから、もし自分のことを悪く言われていたとしても、その話を真に受ける必要はありません。

あなた自身に問題があるわけではなく、悪口を言う側の物事を見るフィルターに問題があるのです。

そのことを理解するだけでも、気持ちがスッと楽になりますよ。

 

悪口に参加しない

職場で平穏に過ごすには、人の悪口には乗っからないというのが鉄則です。

自分が悪口を言われたくないばかりに、悪口を言っている人達の話に一生懸命入っていこうとする人がいますが、そのような態度は周囲の人達からの信用を失います。

というのも、悪口に乗っかった時点で、周囲の人はあなたも「悪口を言う人」と認識するようになってしまうからです。

人の悪口を言う人は、誰からも信用されません。

現にあなた自身も、職場の悪口ばかり言う人のことを信用していませんよね?

その感情は、周囲の人達も同じなので、悪口に参加した時点で、「この人は、きっと影で私の悪口を言っているんだろうな」という目で見られるようになってしまうんです。

自分が悪口を言われるのが嫌だからと言って、一生懸命に悪口に付いていこうとすればするほど、周囲からの信頼をなくして、逆に傷ついてしまう結果になるんです。

だから、あなた自身は絶対に悪口に参加しないでくださいね。

 

悪口を言う人達にとって、「圏外」の人間になる

悪口を言う人達にとって、「圏外」の距離に身を置きましょう。

自分の悪口を言われたくなかったら、相手が自分の悪口を考える機会すら与えないくらいに、関わりを減らしてしまうことが、上手に付き合っていくためのコツといえます。

悪口を言う人は、自分が優位に立ちたいという気持ちが強いので、関わる回数が増えれば増えるほど、粗を探してきます。

そのため、中途半端に関わると、自分の個人的な話を公開したことがきっかけで、勝手に妬まれるなどして、悪口を言われてしまうのです。

逆に、あなたが影を潜めて、淡々と仕事だけこなししているだけなら、粗を探される心配もありません。

自分が傷つかないためには、悪口を言う集団から「圏外」と認識されてしまう距離に、身を置くことがポイントです。

 

悪口を言われることを、恐れない

悪口を言われることを、恐れてはいけません。

悪口を言われたくないと思えば思うほど、相手の顔色を伺ってしまいますよね。

そうなると、あなたの言動はその時々で変わってしまうため、一貫性がなくなり、時と場合でブレが生じてきます。

そして、言動にブレが生じると、「あの人、こないだは○○だって言ってたよ。言ってることがコロコロ変わるよね。」と、言い出す人が出てきてしまうんです。

このように一貫性のない態度は、人からの信用を得ることが難しくなるだけでなく、格好の悪口のネタになってしまうんです。

逆に、「別に何と言われてもいいし」と割り切ることができれば、自分の意見をしっかり伝えることができるので、言動にブレがなくなります。

そうすると、あなた自身に一貫性が生まれるので、自然と皆から信頼されるようになるんです。

意外かも知れませんが、人の顔色を伺っている人よりも、自分の意思をしっかり持っている人の方が、悪口を言われないんですよ。

 

悪口を言う人と同じ土俵に乗らない

悪口を言っている人達と同じ土俵に乗ってはいけません。

同じ土俵に乗るというのは、悪口を言われたことを知って、本人に弁解したり、逆に抗議したりすることを指します。

他にも、仕返しで、周囲の人に悪口を言いふらしたりすることも含みます。

このようなことをすると、さらなる悪口の原因になり、対人関係を悪化させるだけですし、あなた自身の周囲からの評価も下がってしまいます。

先ほども言いましたが、悪口を言うのは、その人のモノを見る際のフィルターの問題です。

なので、あなたが弁解したり、抗議することで、改善できる問題ではないのです。

そのため、同じ土俵に立っても衝突するだけ、無駄なエネルギーを消耗するだけなんです。

あなた自身が傷つかずに過ごすためには、悪口を言っている人達の土俵には上がらずに、スルッとかわすことが必要なのです。

もし、自分の悪口を言われていることを知っても、「この人は、こんな物の見方しかできないんだな」と受け止めて、受け流すようにしましょう。

どうしようもない連中は、「相手にしない」のが一番です。

 

悪口を振られたら、「知らなかった」で通す

もし、悪口を振られても、同調してはいけません。

同調した場合、下手をすれば、あなたも悪口を言っていたという形で、噂を流される可能性があるのです。

そのような展開を回避するためには、悪口には一切乗らないことが大切です。

目の前で悪口大会が始まったら、そ~っとその場を立ち去るのが一番です。

もし悪口を振られ、返答に困った時は、「そうなんですか。知りませんでした」と返しましょう。

他にも、「私、そういう話に疎いんで」とか「私、自分のことで精いっぱいで、他の人のこと全然見れてないんですよ~」と、返すのも良いでしょう。

その程度の返答なら、嫌味に取られる心配もなく、また相手はあなたに話しても面白みを感じないので、悪口を振らなくなるでしょう。

ちなみに、もしこの時に相手が不機嫌な顔をしても、気にしてはいけません。

このような場面で不機嫌になる人は、おそらくあなたの態度について、影で悪く言うかも知れません。

ただ、この手の人間はあなたがどのような返事をしても、何かしらの悪口を言っていますので、どっちにしろ悪口を言われるなら、周囲の人達の信用を失わないような態度で一貫すべきです。

 

「仕事の付き合い」だと割り切る

悪口が蔓延した職場では、深入りすることなく、「これも仕事上、必要最低限の付き合い」だと割り切るようにしましょう。

悪口を言う人達に嫌気がさしても、それを良くしようと考えてはいけません。

悪口を言う人達は、悪いのはあくまでも相手であり、自分たちは「正論」を言っているだけと思い込んでいます。

そのため、悪口を言っている人に注意しても、反省するどころか「○○さんがきちんとしないから、いけないんです」とか「○○さんのせいで、私が悪者みたいになった」という具合に逆ギレされて、さらに悪口がエスカレートしていくだけなのです。

なので、相手を変えようと思うのはやめて、これも仕事上の付き合いなんだと割り切っていく方が、ストレスなく仕事ができますよ。

 

相手にとって、無害な存在だと認識させる

悪口を言う人にとって、「無害」と思われたら、悪口を言われなくなります。

というのも、悪口は相手が自分にとって脅威だと感じるから、発生するんです。

ここでいう脅威というのは、「この人のせいで、自分が評価されない」とか「この人のせいで、自分の仕事が増やされた」というような不満のことを指します。

悪口を言う人の視点で言うと、「この人のせいで、私の平穏が奪われた」と本能的に思ってしまっている状態です。

だから、悪口を言うことで、自分のポジションを守ろうとしているんです。

なので、相手にとって「この人は安全無害な人間だ」と思われれば、途端に悪口を言われなくなります。

誰からも悪口を言われることなく、自然体に過ごせている人っていますよね。

そういう人は、相手の警戒心を解き、「安心感」を与えることができているので、悪口を言われないんです。

自分の脅威にならなければ、わざわざその人の悪口を言う必要はないですよね。

あなたも、相手にとって「安全無害」だと思われるような振舞いをしましょう。

自然体な人になれれば、悪口を言う人たちからも<愛されキャラ>として、親しみを持ってもらえるようになるかも知れませんよ。

 

悪口が息苦しいのは、本来のあなたの居場所じゃないから

ここまで、悪口ばかり言う人の対処法について紹介しましたが、悪口が息苦しいと感じるのは、あなたの本当の居場所がここではないからかも知れません。

きっと、あなたは悪口を言うようなレベルの低い人達とは違うから、一緒に行動することが苦痛なのではありませんか?

ほとんどの人が、悪口を言っている人たちの話を真に受けて、いつしか悪口を言う集団に染められていくのに、あなたは染められていない。

それって、本当に立派なことですよ。

あなたのような人は、もっとレベルも意識も高い人達と一緒に行動した方が、イキイキと仕事ができるようになるはずです。

それなのに、今の職場に居続けるなんて、本当にもったいない。

そんなあなたなら、「転職」を考えてもいいと思います。

転職エージェントの「リブズキャリア」なら、あなたにぴったりのキャリアを目指せる会社を紹介してくれます。

リブズキャリアは、年収400万円以上の女性の正社員に特化した転職サイトで、メルカリや楽天、DeNAといった大手企業とも提携しています。

また、単に年収が高いだけでなく、出産や子育てなど女性のライフワークバランスにも力を入れているので、女性にとって働きがいのある会社を紹介してもらえるんです。

年収が高く、社員への待遇もいい会社というのは、社員の意識も高い人が多いので、人の悪口ばかり言って時間を消耗しているような人はいません。

きっと、あなたのような人は、そのようなレベルの高い人達と一緒に働く方がストレスなく、そして自分の力を発揮できると思いますよ!

 

さいごに

悪口を言う人は思い込みが激しく、自分の偏ったフィルターを通して人を見ています。

そのため、どのような状況でも、ネガティブな受け止め方をするのです。

なので、もしあなたが悪口を言われていたとしても、あなた自身に問題があるわけではないので、安心してください。

悪口は、悪口を言う人間の物事を見るフィルターに問題があるんです。

そのため、悪口を真に受けて自信をなくしたり、振り回されたりしないようにしましょう。

また、悪口をいう人から「圏外」と思われるくらいの距離を取ることで、悪口という攻撃から身を守ることもできます。

それでも今の職場の人間関係が辛いなら、最後の手段として、転職することで、嫌な人達との人間関係を清算することができますよ。