わたしが使った退職代行SARABAの詳細はこちら

ディズニーでパワハラ?着ぐるみ女性が過重労働で訴訟を起こした!

どーも。新卒入社した会社を7日で退職したシャチくんです。

スポンサーリンク

TDLの過重労働・パワハラ訴訟、会社側は争う姿勢示す

 東京ディズニーランド(千葉県浦安市)で着ぐるみを着てパレードなどに出演してきた契約社員の女性2人が、過重労働やパワーハラスメントで体調を崩したのは運営会社のオリエンタルランドが安全配慮義務を怠ったためだとして、同社に計約755万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が13日、千葉地裁であった。同社は棄却を求め、争う姿勢を示した。

 訴状によると、2015年から勤務する女性(29)は着ぐるみでの過重労働を続けた結果、17年1月に神経や血流の障害で痛みが出る「胸郭出口症候群」を発症し、17年8月に労災認定を受けたが、その申請時に上司から取り下げを求められたなどと主張。意見陳述では「キャラになりきる努力が課され、かなりの負担がかかっていた」と述べた。08年から勤務するもう一人の女性(38)は、複数の上司から5年以上パワハラを受け、心療内科への通院を余儀なくされたと主張しており、「出演者は窓も開かない狭い部屋で1日過ごし、その中でパワハラが起きている」と訴えた。

これ、今まで同じことが起きていたと思います。
今回はたまたま訴訟に至ったんですが、言いたくても言えない人が大半で泣き寝入りする人が多いはずです。

これはディズニーだけでなくどんな組織でもそうです。

労災認定を受け、休職

女性二人はキャラクターの着ぐるみを着てショーやパレードに出演していたが、総重量10~30キロの着ぐるみを着て、ショーやパレードに出演し、腕などに激痛が走る「胸郭出口症候群」を発症したと訴える。

女性キャストは労働基準監督署に労災を申請し、すでに認定を受け、現在は休職している。

夢の国のディズニーの内部環境は夢の国ではない?

キャストは過酷な労働を課せられる

日本的と言いますか、世界各地にあるディズニーランドの中でも東京ディズニーが最も過酷な労働環境であるそうです。

夢の国ディズニーは重労働で退職が絶えない環境

今回元ディズニーのクルーに取材を申し込み回答を頂きました。

30日働いたのですが、想像を絶する労働環境で毎朝、体調を崩してた。
薬をいくら飲んでもましにならず辛かった。

体調が悪くても休めずに毎日、舞台に出ていた。

と、回答を頂きました。また、特に夏、冬は過酷で、、

着ぐるみの中は地獄 

夏は汗が止まらなく、体中が塩で真っ白になり不快感しかありませんでした。
冬は手袋の使用は禁止されていて、指が動かない状況でも笑顔で舞台に立ち続けないといけなかった。

過酷な環境でなぜ辞めなかったのか? 

過重労働やパワハラによって体調を崩し、運営会社のオリエンタルランドを相手に訴訟を起こした女性キャストは、なぜここまでディズニーを辞めようとしなかったのでしょうか?

おそらくそれは転職先が限られるからだと思います。

東京ディズニーランドの多くのキャストたちは学生です。
そんな学生たちは大学を卒業後、就職が決まっているので、
キャストを辞めてもその後がある。

しかし、最近は20代、30代の女性が転職してきてディズニーランドに流れてくることが多いです。

そんな中でディズニーは苦しくて辞めたいけど、今更別の職場に転職は難しいのでは?と思い、

「他に行くところがない。。」

と思うそうです。

そのため、無理して働き、身体を壊し、ディズニーランドへの恨みや憎しみを抱いて去っていく。

ディズニーの90%はアルバイトで構成されている

ディズニーでは90%以上はアルバイトであり、休むとそれだけ収入がないです。
なので無理して働き、身体を壊すというループに陥ってしまいます。

こんな中途半端で退職してしまったら他どこも転職は難しいと思ってしまい躊躇する人が多いそうです。

ですが、今の時代転職先はいくらでもありますし、履歴書に傷がつくということは全くありません!

twitterの反応

beatmaniacs@beatmaniacs

ショーキャストのプロ意識の高さにはいつも感服させられるし大好きな場所だけにこういう話はユーザーとしては本当つらい。
ビジネス的な視点で見てもCSを守る最前線のスタッフを蔑ろにしてるマネジメントはクソだと思うしこういう話が表に出るまで放置してあたりも最悪

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00000034-asahi-soci 

beatmaniacsさんの他のツイートを見る

西埼玉の主婦@Mwisterian

パレードで練り歩くキャラクターたちがストライキしたらどうなるんだろう。そして夢の国から出てきて世を忍ぶ仮の姿でデモパレード。一気に夢から覚めそうですね。
モーリーさんは夢の世界ではどんなですか?今の姿は世を忍ぶ仮の姿ですよね?実はモーリー着ぐるみを着たイタズラ妖精だと疑ってます。

西埼玉の主婦さんの他のツイートを見る

仏の永(なが)さん CBR125R 役職:月面探査隊@hotoke_nagasan

パレード辞めたら?
自分も昔、着ぐるみの中とあるイベントで入ったことあるから分かるけれど、地獄ですので。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00000034-asahi-soci 

仏の永(なが)さん CBR125R 役職:月面探査隊さんの他のツイートを見る

 

▼ネット上のコメント

・夢の国の裏側は、日本の現実

・着 ぐ る み

・それ以前にキャストの時給低すぎだよね

・どんどん入園料が上がるのに、待遇は変わらないどころか下がる一方か。

・本家ディズニーもアニメータが待遇改善とクレジット表記を求めたら逆恨みしたウォルト・ディズニーがアニメータを赤狩りに告発した事例がありまして

・夢の国の辛い現実か…

・こういう記事が出てきちゃうってもうやばい

・ハラスメントに会社は、加害者、その上司には懲戒処分にしないと、被害者に生涯残る傷とバランスが取れない上、確実に第二の被害を生む。

・従業員さんの環境が、こんなに劣悪だったなんて。なんのためのチケット値上げなのでしょうか。ただの儲け主義じゃん

・前々から週刊誌で色々と書かれてたから、それが爆発した感じだな

 

転職はしたいけど今の職場を辞めにくくて悩んでいませんか?

人間関係が辛いときこそ退職という選択を考えましょう!と書いてきました。ですが、退職したいけど何言われるかわからないし引き止められそうで辞めることが難しいという人は多いと思います。

本当に辞めたいと思ってる会社をいつまでも辞められないのは、

残念ながら自分の人生を主体的にコントロール出来ない上に大きな機会損失になってしまうんですよね。

そこで、会社を辞めるだけでそこまで考え込むのであれば、

それらのプロセスを全て外注しちゃった方が効率的だと思うんですよ。
それでその空いた時間で転職活動をすると言うわけです。

つまり、何が言いたいかと言うと、退職に困っている人は「退職代行サービス」に代行してもらいましょうよということです。

簡単に言うと、「会社辞めます」を何から何まで代わりに言ってもらえるサービスです。これで退職の諸々の手続きを何不自由なく行うことができて、精神衛生上良い気持ちで毎朝を迎えられるだけでなく、転職活動にも力を入れることができるんですね。

というわけで今回は、即座に会社を退職する為に使える「退職代行サービス」の中でも私が使ってみたおすすめの退職代行サービスについて説明していきます。

仕事に対する技術や知識、経験が未熟なら、自分の努力で解決することができます。

ですが人間関係の悩みというのは、あなたの努力で解決できる問題ではありません。

そのような問題だからこそ、早急にその場を離れて再スタートをきってほしいんです。何度も言うようですが、退職は逃げではありません。

人間関係が辛いなら、その集団から離れてしまうことで、その悩みは一瞬で解決できます。

なので「もう無理」と思った時は、あなたの本当の居場所を見つけるために転職してしまいましょう。

私も使った退職サービスはこちら→退職代行 

 

 SARABA(サラバ)

 

https://affiliate.taisyokudaikou.com/link.php?id=N0000057&adwares=A0000001

退職代行サービスの中で最もおすすめなのが「SARABA(サラバ)」です

 

SARABAの強み
  1. 料金は一律30,000円で追加料金が一切無し!
  2. 24時間対応で即日退職も可能!
  3. ほぼ100%の退職成功率でありながら100%の返金保証付き!

 

1.SARABA(サラバ)の料金は一律30,000円

このSARABAはサービス料金が職歴関係無く一律30,000円(税込)になっていて、追加料金も一切かかりません。

https://affiliate.taisyokudaikou.com/link.php?id=N0000057&adwares=A0000001

SARABAにはオプションによる追加料金が掛からず、24時間対応に加えて電話による相談回数も無制限となってます。

中には最初の価格が格安になっている業者もあるんですが、即日対応や時間外の対応によってプラスのオプションが掛かってくる場合が多いんですね。他にも見積もり次第で料金が上がったりする所もありますが、SARABAの一律30,000円という料金は破格でしょう。

2.SARABA(サラバ)は電話に24時間対応且つ即日退職が可能

SARABAは24時間対応していて、LINEやフリーダイヤルでいつでも相談できます。なので、辞めたい感情が込み上げて来た深夜でもスピーディーに電話相談してしまう事が可能です。

更にSARABAは「辞めたい!」と思ったその日に依頼すれば即日で対応してくれるし、辞表を出す事以外にも離職票や雇用保険被保険者証などの必要書類、そして有給消化の手続きなんかも依頼する事ができます。

3.SARABA(サラバ)は万が一退職できなくても100%の返金保証付

SARABAは多数の退職代行の成功実績を収めており、その成功率はほぼ100%。なので依頼すればほぼ退職出来るといって間違い無いでしょう。

そして、万が一退職出来なかった場合でもSARABAには100%の返金保証が付いてるので、一度依頼すれば安心して業者に任せる事が出来ます。

 

 

人間関係で悩んでいるあなたは一刻も早く転職を考えよう!!無理なら退職サービスを使おう!!

ここまで人間関係で悩んでいるあなたに一刻も早く転職することをおすすめしてきました。

何度も言いますが、退職=逃げではありませし、恥ずかしいことではありません。むしろ今の日本社会においてはごく普通のことです。私も最初の会社を退職すると決意してもなかなか実行に踏み出せませんでした。なのであなたの気持ちは良くわかります。

でも後回しにすればするほど辞めにくくなってしまいますし精神的にも良くないことは明らかです。
もし、退職を上司に言いにくいほどの環境であれば私も体験した退職代行サービスを使いさっさと居心地の悪い職場とおさらばしましょう。

転職や退職代行サービスで不安なことがあるならば私にも相談してくれても構いません。