わたしが使った退職代行SARABAの詳細はこちら

女の職場で怖い先輩から身を守る意外と単純な方法!平穏な日々はもう目前ですよ!

どんな職場にも、必ずと言っていいほど、攻撃的な人が1人か2人、存在しますよね。

・誰かの揚げ足を取っては、大騒ぎして責め立てる。

・些細な事で、感情的に怒鳴り散らす。

・ネチネチと、嫌味を言い続ける。

・明らかに鋭い目つきで、にらむ。

・わざと聞こえるように、悪口を言ってくる。

客観的に見ると、「こんな恥ずかしいことがよくできるね」という感じですが、攻撃されている本人からすると、たまったものではないですよね。

仕事が辛すぎて、毎朝憂うつに感じたり、「会社辞めたい!」という気持ちでいっぱいになったりするのも当然です。

このような攻撃は、黙って耐え続けると、うつ病に発展することもあるので、絶対に我慢しすぎてはいけません。

ここでは、攻撃的な人の心理を知って、対策する方法を解説します。

攻撃的な人の心理を見てみると、攻撃されないための方法は意外と単純だということに気付きますよ!

また、文章の最後に、どうしても解決できない人間関係の悩みを一気に解決する方法も書いていますので、深刻な悩みを抱えている場合は、そちらも参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

攻撃的な人の、知られざる5つの心理とは?

攻撃的な人は、なぜこんなひどいことをするのでしょうか?

それには、人知れない5つの心理が隠れているんです。

あなたの職場にいる攻撃的な人は、どのタイプなのか、見ていきましょう。

 

タイプ1:自分の不安を解消したい

攻撃的な人は、自分の不安を解消するために、他人を攻撃します。

これは、野生の動物が追い詰められた時に、反撃する行為と一緒です。

ことわざでいうと、「窮鼠(きゅうそ)、猫を嚙む」という状況ですね。

「このままでは、自分の立場が危ない!」と感じた時、他人を攻撃することで、自分のポジションを守ろうとしているのです。

そのため、

・自分よりも仕事ができる人の悪口を言いふらすことで、蹴落とそうとする。

・新人のせいで、自分の仕事を増やされるのがイヤだから、冷たい態度を取って、遠ざける。

という行為に走ります。

また、逆ギレする人は、相手に痛いところを突かれ、焦っているので、大声を上げて、相手が反論するスキを与えないようにするのです。

いずれにしても、攻撃的な人というのは、自分の抱える不安を解消するための行為として、攻撃しているのです。

言い換えれば、攻撃的な人ほど、不安をいっぱい抱えているということになります。

 

タイプ2:現状を変えたくない

先ほどの不安と重なる部分もありますが、自分が今いる現状を変えたくないために、他者を攻撃する人もいます。

<変化>というのは、人間を含む全動物にとって、一種の「危機」であり、大きなストレスを感じます。

あなたも、普段はまっすぐ帰宅するのに、今日は病院に寄って受診してから帰らないといけないという場合、ドッと疲れた気持ちになりませんか?

また、業務変更により、いつものルーティンを変えないといけなくなった時にも、強いストレスを感じると思います。

このように、人間はいつもと違う行動に対して、非常にストレスを感じるのです。

そのため、動物の本能は、自分の安全を守るために、現状を維持しようとします。

この現状を保とうとすることを、「現状維持の法則」と言います。

職場で新しい勤務体制、制度が導入されるとなった時に、反対意見がたくさん出るのも、一種の現状維持の法則と言えるでしょう。

そのくらい、人は<変化>に対して、不安や恐怖を感じますし、何か新しいことを始めるのは、とても勇気がいることなんですね。

ここで、現状維持の法則が起こす人間心理を踏まえて考えると、新しい社員が来た場合、今までの職場環境が変わるかも知れないという、一種の危機感が生じます。

現状維持の法則が強く働く人ほど、その変化に対するストレスも大きくなるのですが、この時、「この新入りによって、これまでの仕事のやり方に影響を受けるかも知れない」という不安から、新入社員に攻撃を始めてしまう人が出てきてしまうんです。

 

タイプ3:自分は被害者だと思っている

攻撃的な人は、意外にも自分は被害者だと思っています。

そのため、自分が悪いことをしているという意識はありません。

あくまでも、攻撃される側の人間に落ち度があるというのが、言い分なのです。

「私だって、こんなこと言いたくない!だけど、あなたができないから、言わないといけないんでしょ!?」

このようなセリフ、あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか?

このように言われると、言われた側は、「自分が悪いんだ」と、自分を責めてしまいますよね。

他にも、新人指導のために残業しなくてはいけなくなった時なども、「新人のせいで残業しないといけない」という被害者意識から、新人いじめを始めたりします。

いずれも、攻撃されている側の人からすると、自分のせいだと思ってしまいがちですが、本当の原因は、攻撃する人の<被害者意識>にあるのです。

なぜなら、ミスをしたことと、感情的に怒ることは、全く別の次元の話だからです。

ミスをしたことに対して、「ここを直してね」と注意すべきことを伝えれば、それで済むこと。

それを、感情的に意見をぶつけるのは、お門違いもいいところです。

また、新人指導のための残業も、職場の管理や環境による要素も大きく関係しているため、新人だけの問題ではありません。

しかし、攻撃的な人は、自分は被害者だという思い込みから、冷静な判断ができず、自分が攻撃しやすい対象を攻撃してしまうのです。

 

タイプ4:自分の思い通りに、相手を動かしたい

攻撃する人は、あなたを自分の思い通りに動かしたい、という気持ちを持っています。

よく、「カッとなって言ってしまった」という人がいますが、本当は<怒り>というのは、自分でコントロールすることができるものなのです。

あなたの職場にも、部下のミスは怒鳴り散らすのに、上司がその部下と同じミスをしても「いやぁ、全然気にしないでください」などと、対応を使い分けしている人って、いますよね。

むしろ、攻撃的な人の大半が、相手によって態度を変えているかと思います。

これこそ、本当は<怒り>はコントロールできるものであり、自分の思い通りに動かしたい対象に向かってだけ、怒りをぶつけているということの証明です。

このように、怒鳴り散らす人は衝動で抑え切れずにというのではなく、本当は相手を自分の思い通りに動かしたいという下心があるから、怒鳴り散らすのです。

 

タイプ5:思い込みが激しく、決め付け体質

攻撃的な人は、思い込みが激しくて、相手の人間性を偏見で決め付ける傾向があります。

「この人は無責任な人だ。だからガツンと言わないと気づかない」と言って、攻撃する人がいますよね。

しかし、「この人は無責任」という判断は客観的事実ではなく、その人の主観でしかありません。

もし、会議の時間に遅れた人がいたとしたら、客観的事実は「会議の時間に遅れた」というものです。

その背景には、間違った時間を伝言されていたのかも知れませんし、優先すべき仕事があったりして、やむを得ない理由があったのかも知れません。

しかし、攻撃的な人はそのような事情など考慮することなく、その人の「会議に遅れた」という客観的事実から、「この人は無責任だ」と思い込み、さらには「きつく言わないと伝わらない」とまで、一方的に決め付けているのです。

攻撃的な人は、このように客観的事実に対して、偏った思い込みから、勝手な解釈をするケースが非常に多いんです。

 

職場で平穏に過ごすための、7つの鉄則とは?

攻撃的な人がいる職場で平穏に過ごすためには、どうすれば良いのでしょうか?

あなたが攻撃的な人からの攻撃を回避し、ストレスを抱えないための処世術を紹介します。

 

その1:相手にとって害のない人物であることを、知ってもらう

攻撃的な人のターゲットにならないためには、攻撃的な人にとって「安全無害な存在」だと思ってもらうことが重要です。

攻撃的な人というのは、不安を感じる対象に向かって攻撃します。

そのような場合、攻撃される人の対応として大事なのは、相手の顔色をうかがってヘコヘコすることではありません。

相手が、あなたを「安全無害な存在」だと認識できる態度を取ることです。

・物腰を柔らかくし、誰にでも平等に接する。

・悪口など言わず、誰にも攻撃をしない。

そのような態度を取ることで、攻撃的な人は「この人は安全無害な人だ」と思うようになります。

そのように思ってもらえれば、唐突な攻撃は避けられるようになるでしょう。

また女性の場合は、とあることがきっかけで生まれた嫉妬心から、攻撃をしてくる場合もあります。

そのため、日頃から嫉妬されないように注意することも大切です。

 

その2:相手の顔色をうかがわない

相手の攻撃が怖いばかりに、相手の顔色をうかがってヘコヘコしてはいけません。

特に、「媚びる」という行為は逆効果になるので、注意が必要です。

媚びるという行為は、お世辞を言うことで、相手を自分の思い通りに動かそうという下心がありますよね。

その下心というのは、実は相手に伝わってしまうものなのです。

あなたも、「○○さんって、本当にスタイルがいいですよね」「○○さんって、しっかりしてますよね」と持ち上げられた時に、嬉しさを通り越して、嫌悪感を抱いたことはありませんか?

この時の嫌悪感は、相手が自分をコントロールしようとしているのではないか、ということを、本能で察知しているから生じるのです。

このように、媚びるというのは、実は逆効果になることが多いのです。

また、相手の顔色をうかがうと、言動に一貫性がなくなりますよね。

例えば、Aさんがいる時はこうするけど、Bさんがいる時はしないというような行動を取ってしまうと思います。

そうなると、どこかで「○○さん、いつもこうしてたよ」「え?あの人、それはしないって言ってたよ」なんて、ボロが出てしまうのです。

そうなると、周りから信用されなくなるばかりか、攻撃的な人から見ても、「どういうこと!?」と不安を刺激してしまうため、結果、攻撃の対象となってしまう場合もあるのです。

攻撃的な人に対しては、顔色をうかがうのではなく、自然体で物腰柔らかい自分でいることを意識しましょう。

 

その3:客観的に相手を見る

攻撃的な人の言うこと・やることをいちいち真に受けていると、心が傷つき、へとへとになってしまいますよね。

そのため、攻撃的な人と関わる時は、心を「無」にして、一歩引いた状態で相手を見るようにしましょう。

客観的に相手を見ることで、攻撃を受けても、「何かしらの不安を抱えているんだろうな」「今、現状維持の法則が働いているんだろうな」と、冷静になることができます。

このように、客観的に見ることができると、一つひとつの言動に傷つかなくなります。

また、もしショックを受けた場合でも、その心を上手く立て直すことができるようになります。

攻撃的な人を客観的に見ることで、攻撃を受け流せるようになりましょう。

 

その4:相手の訴えを、真正面から受け止めない

相手の訴えを、真正面から受け止めてはいけません。

というのも、攻撃的な人はその人の偏ったフィルターを通して、あなたを見ているからです。

自分は周囲にも気を配るように心掛けていたのに、「あんたは、いっつも自分のことしかしないよね」などと、言われることがあったとします。

そのような言葉を真に受けると、「自分は皆に協調性がないと思われているのかな」「一生懸命にしていたつもりなのに、まだまだ足りないのかな」と、ドンドン自分を追い込んでしまい、どうしたら良いかわからなくなっていきますよね。

そして、「もっと頑張らねば!」と思い、常に相手の顔色をうかがいながら動くようになってしまうと思います。

しかし、ここで気を付けたいのは、「あなたは自分のことしかしない」というのは、攻撃的な人の偏ったフィルターによって決め付けられたものであり、必ずしも事実ではないということです。

物事の受け止め方というのは、人によって全然違うので、あなたの普段の行いに対して、「よくやってくれている」と評価する人もいれば、「全然気が利かない」という人もいるでしょう。

これは、あなた自身に問題があるのではなく、あなたを見る周囲の人自身の物事を見るフィルターに問題があるのです。

特に、攻撃的な人はネガティブなフィルターで物事を見るため、受け止め方が卑屈だったり、マイナスな印象を持ったりしがちです。

攻撃的な人は、普段から偏ったフィルターで物事を見ているので、きっとあなたがどんな態度を取ろうとも、難癖を付けてくるでしょう。

なので、相手の訴えを真に受けて、振り回されるだけ無駄なのです。

攻撃的な人からの難癖は、「勝手な思い込みだ」と思って、受け流すように心掛けましょう。

 

その5:適度に距離を取る

攻撃的な人とは、適度に距離を取るようにしましょう。

仕事上の付き合いだけと割り切り、必要以上の接点を持たないようにするのです。

そう考えれば、相手の顔色をうかがう必要性など、どこにもないことに気付くでしょう。

そうなんです。

仕事は仲良しこよしをする場所ではないので、仕事をこなすことだけを考えたらいいんです。

そう割り切るだけでも、相手に振り回されることがなくなりますよ。

 

その6:周囲の人と仲良くなる

攻撃的な人からの攻撃を減らすためには、周囲の人と仲良くなっておくことも大切です。

味方を増やすことで、攻撃的な人がおいそれと手出しをしにくくするのです。

攻撃的な人でも、「自分は悪者になりたくない」という気持ちがあります。

なので、あなたが皆と親しくなると、攻撃しにくくなるんです。

これは、「皆に慕われているあの人を攻撃すると、自分の立場が危うくなる」という状況が生まれるからです。

そのため、周囲の人と打ち解けることができれば、徐々に攻撃されることは減り、むしろ攻撃的な人ともいつの間にか仲良くなっている、なんてことだって起こり得るんです(攻撃的な人と仲良くなりたいかどうかは、別として)。

そのため、水面下で他の人と仲良くなっておくことで、見えないバリアを張りましょう。

 

その7:上司に相談する

あまりにも攻撃が激しく、

・仕事に支障が出る。

・自分の精神が持たない。

・辛くてたまらない。

という場合は、上司に相談しましょう。

「そんなこと、上司に相談することじゃない」と考える人もいますが、そんなことはありません。

管理職は職場の環境を整えるのが仕事なので、職場内の人間関係トラブルも改善していく責任があるんです。

女性ばかりの職場では、人間関係のトラブルは付き物なので、上司もそのことを気にかけている場合も多いのです。

実際に、私はこれまで4ヵ所の職場で働いたことがありますが、どの職場でも、師長さんは人間関係に配慮していて、いじめっ子といじめられっ子のシフトをずらしたり、チームを分けたりという対応をしていました。

あまりにも場を乱す人は他部署に飛ばされる、という場面も見たことがあります。

攻撃的な人がその部署を去ると、次の日から嘘のように、職場の雰囲気が良くなることがあるんです。

このように、上司に相談することで、対応策の幅が広がるので、一人で対応しきれないと感じた時は、躊躇せず上司に相談するようにしましょう。

 

攻撃的な人が一瞬で黙る、究極の仕返しはコレ!

攻撃的な人が一番恐れているのは、あなたに先を越されること。

先を越すというと、漠然としすぎですが、攻撃的な人は、とにかくあらゆる面であなたに負けたくないのです。

それなら、むしろうーんと突き抜けて、相手が何も言えないくらいになってやろうじゃありませんか!

そう、今の職場よりも給料も福利厚生も良く、そして有名な企業へ転職してやるんです。

「でも、どうやって?」と思われるかもしれませんが、「リブズキャリア」という転職エージェントを利用すると、ハイスペックな大手企業に転職できるチャンスがあるんです。

そのため「リブズキャリア」を利用して転職すると、攻撃的な人を出し抜くことも可能です。

いつもあなたを攻撃している人は、あなたが「今よりいい企業に就職した」と聞いたら、どんな反応をするでしょうね。

きっと、すんごい悔しいと思いますよ。

今まであなたをいじめて来た人たちを見返すためにも、「リブズキャリア」に登録してみませんか?

今すぐ転職するつもりはなくても、とりあえず登録しておくだけで、「いつでも仕事を辞められる」状況を作ることができますよ。

「辞めたくなったら、辞めることができる」という精神的な安心感は、想像以上にあなたを楽にしてくれます。

そして、今より条件のいい会社が見つかれば、本当に転職してしまえばいいんです。

「リブズキャリア」に登録したからといって、必ず転職しないといけないという縛りはないので、

・職場の嫌な人と離れたい。

・今の職場よりも、好条件で働きたい。

・今の職場よりも、雰囲気が良い職場で働きたい。

このような希望を少しでも持っているなら、とりあえず登録だけでもしておきましょう。

 

さいごに

攻撃的な人というのは、不安を抱えていたり、一方的な被害者意識を持っている傾向が強いのです。

また、思い込みが激しく、「この人は、こういう人だ」という決め付けから、いきなり攻撃してくるということもあります。

このような攻撃的な人からの攻撃をかわすには、相手の言い分を真に受けてはいけません。

攻撃的な人の言い分は客観的な事実ではなく、その人の「偏ったフィルターで見たあなた」でしかないのです。

なので、自分を責めたり、自分が原因だと思う必要は全くありません。

そして、一人で解決できない時は上司に相談し、シフトをずらしてもらうなどの対処をしてもらいましょう。

それでも無理なら、最後の手段として、転職を考えましょう。