わたしが使った退職代行SARABAの詳細はこちら

【女の職場あるある】偉そうな人の上から目線がムカつく!

どんな職場にも必ずと言っていいほど、「一体何様!?」というくらい偉そうな人がいますよね。

その人に、<上から目線>で何か言われるたびに、

「何で、役職に就いてない人に、ここまで言われなきゃいけないの!?」

と、はらわたが煮えくり返りそうなくらい、ムカつく時もあると思います。

さらに、むちゃくちゃムカつくんだけど、その人に反論できず、言うことを聞いてしまっていると、なおさら悔しいですよね。

それにしても、人に偉そうに言ってくる人は、何でこんなにも偉そうな態度を取るのでしょうか?

実は、そこには、驚きの深層心理が隠れていたのです。

ここでは、偉そうな人の隠された深層心理と、あなたがそのような高圧的な人に振り回されないための対処法について、解説します。

偉そうな人に何を言われても、スルッとかわせるスキルを身に付けて、気分よく仕事できるようになりましょう。

 

スポンサーリンク

偉そうな人の深層心理とは?

偉そうな人を見ると、何でそんなに偉そうなの?と不思議な気持ちになりますよね。

「いやいや、あなたは私の上司じゃないでしょ?平社員なのに役職者みたいな態度っておかしくない?!」と言いたくなるほど、自分の立場を勘違いしているとしか思えません。

でも、意外なことに、そのような偉そうな人でも、心の中はチキンハートだったりするんです。

ここからは、偉そうな人の深層心理、頭のメカニズムを解析していきましょう。

 

偉そうなのは、自信のなさの表れ

偉そうな態度は、本当は自信のなさの表れなんです。

偉そうな人は、自分に自信がないために、自分を大きく見せて、指摘されるところを極力なくそうとします。

「弱い犬ほどよく吠える」とはよく言ったもので、心が弱いからこそ、偉そうにすることで、外部からの攻撃を受けないようにしているのです。

また、自分より下になる人間を作ることで、安心感を得ようともします。

そこで、わざと偉そうな態度を取ることで、自分より下の立場の人間を作り出そうしているのです。

 

実は、内心ビクビクしている

ただ、そのように偉そうにしている人でも、実は内心ビクビクしています。

人に偉そうに言っている分、自分がミスをすることは許されません。

もし、自分にミスがあれば、「あの人普段あんなに偉そうに言ってるくせに、自分だってできないじゃん」と、周りの評価はがた落ちになり、今の立場が一気に悪くなってしまうのですから。

そのため、自分の状況が悪くなると、知らない顔をしたり、逆ギレして怒り出したりという行動を見せることがあります。

逆ギレという行為は、第三者からすると理解できないものですが、これも心の奥底にある不安によって、もたらされた行為なのです。

「これ以上、相手に突っ込まれたくない」

そのような思いがあるので、本当は自分が悪いということがわかっていても、素直になれないのです。

 

自分が正しいと、確認したい

偉そうにしている人は、本当は内心は不安でいっぱいなので、自分が正しいことを確認したいと思っています。

偉そうにしている人は、新人に厳しい指導をした後などに、「○○さんに~って言ってやったわ」と、周囲に報告することがありますよね。

本当は、これも不安によって、もたらされた言動なんです。

「皆に、新人いじめをしていると思われたくない」

「皆に、悪者だと思われたくない」

偉そうな人は、そのような思いを常に持っています。

そのため、あえて「~って言ってやったわ」と言うことで、周囲の人に「確かに、それは言うべきだわ」と同調して欲しいのです。

そのようにして、陰口に賛同してもらうことで、「自分は正しい」と確認したいのです。

 

相手をコントロールしたい

偉そうな態度を取ることで、相手をコントロールしたいという思いもあります。

高圧的な態度を取ることで、相手を委縮させ、自分の思い通りに動かそうといった下心を持っているのです。

 

自分自身が、そのように教育されて来た

他にも、自分自身が先輩に高圧的な態度で教育を受けて来た場合、自分が教育する立場になった時に、優しく教えられている後輩を見て、イライラする場合があります。

自分より恵まれた環境にいる後輩への嫉妬心ですね。

そのため、「私はもっと厳しく指導されてきたのよ」と言わんばかりに、高圧的な言い方をしてくる場合があるのです。

 

完全にうぬぼれている・・・と思われる人の、意外な心理とは?

これまでの文章を読んだあなたは、もしかすると、

「あの人に、そんな不安な心なんてあるわけがない!自分が偉いと完全に勘違いしているんだ」

と、思われたかも知れませんね。

しかし、何でも完璧にできて、皆にチヤホヤされているから、調子に乗っているんだと思われる人でも、偉そうな態度の裏には、不安な心が隠れていたりするものなんです。

実は、偉そうな人の中には、「自分は認めてもらえていない」と不満に思っている人も少なくないのです。

そのため、他人から認めてもらいたい、という欲求が非常に強い傾向にあります。

そのような人は、褒められると、褒められたことを他の人以上に快感に思うようになり、結果調子に乗るという状況が生まれるのです。

そのため、「完全に調子に乗っている」と思われる人でも、実は心の中には「誰かに認められたい」という不安を抱えているんです。

 

偉そうな人に振り回されないための、5つの対処法とは?

偉そうな人から高圧的にものを言われると、圧倒されてしまい、「No」が言えなくて、ついつい言うことを聞いてしまうことって、ありがちですよね。

そして気が付いたら、その人のペースに振り回されている、なんてことが多々あります。

そのような人は、これから説明する対処法を取り入れることで、偉そうな人と適度な距離感を持てるようになるでしょう。

 

その1:相手の心理を客観的に見る

相手のペースに巻き込まれそうな時は、相手のことを客観的に見るように意識しましょう。

偉そうな人に高圧的に何か言われると、その圧力に圧倒されがちですよね。

そのため、自分の言いたい事が言えなかったり、相手の要望を一方的に聞いてしまったり、になると思います。

そのような時は、相手の心理を客観的に見るように意識することで、自分の心にバリアを張るのです。

客観的に見られるようになると、

「偉そうに言っている人は、本当は不安で仕方ないんだな」

「周囲の人に告げ口しているのは、自分が間違ってないことを確認したいんだな」

と、思えるようになります。

そのように思えるだけで、これまで感じていた相手の圧力が一気に軽くなったように感じられませんんか?

そうなるだけでも、いつも圧力で振り回されていたのが不思議なくらい、毅然とした態度で対応できるようになると思います。

 

その2:仕事だと割り切って、距離を置く

偉そうな人の言い方は、本当にムカつくことが多いのですが、そのような時は「仕事だ」と割り切って、深く考えないようにするのが得策です。

偉そうな人の言い方にいちいちムカついても、こっちがエネルギーを消耗するだけで、相手が変わるわけではありません。

なので、仕事を進めることだけに意識を置いて、集中するようにしましょう。

ムカついた時は、一呼吸おいて、「相手の言動は不安の表れなんだ」と自分に言い聞かせることで、冷静さを取り戻しましょう。

 

その3:相手の不安を刺激しない

相手がムカつくからといって、あなたがその気持ちを態度に出すのは禁物です。

何度も説明していますが、相手が偉そうな態度を取るのは、「不安」があるからです。

不安ゆえ、相手に高圧的な態度を取り、自分が優位に立とうとしているのです。

そのため、その不安を刺激するような対応は逆効果で、逆切れしたり、さらに攻撃的になったりする危険性があります。

なので、ムカついても相手の不安を刺激するような言動は避け、右から左へ受け流すメンタルを身に付けましょう。

それが、あなたにとって、一番ストレスのかからない付き合い方と言えます。

また、無意識な言動で相手に「攻撃されている」と誤解されないようにするためにも、日頃から言葉使いや言い回しには注意するように、心掛けましょう。

 

その4:時間をかけて、打ち解ける

偉そうな人の「不安」を打ち消してあげることができれば、性格が穏やかになっていくことが期待できます。

そのため、時間をかけて、あなたが相手にとって「無害」な存在であることを伝えていくというのも一案です。

伝えていくといっても、時別なことをする必要はありません。

ただ、偉そうな人の不安を刺激せず、常に落ち着いて振る舞うだけでいいんです。

あなた自身が相手の前で自然体で振る舞えることができれば、相手もあなたに安心感を持ち、自然体でいられるようになるでしょう。

そうすることで、相手の性格を穏やかにしていくことが可能かも知れません。

ある意味、これができれば、理想の解決方法と言えるでしょうね。

 

その5:仕事に支障が出る時は、上司に相談する

基本的に、相手の高圧的な態度は無視して、仕事に大事な内容だけを受け止めるようにしましょう。

ただ、それでも仕事に支障が出る場合は、上司に相談することが不可欠です。

・偉そうな人が、あなたの言い分に聞く耳を持ってくれない。

・新人が委縮して、指導に悪影響を及ぼしている。

・お客さんに対しても、態度が放漫になっている。

など、明らかに仕事に支障が出ている場合は、上司に相談して、しかるべき指導をしてもらうなどの対策を講じましょう。

 

我慢できない時は、思い切って転職しよう!

偉そうな人の態度に、どうしても我慢できなくなった時は、最終手段として、転職してしまいましょう。

職場の人間関係の悩みは、その職場から離れてしまうことで、一気に解決することができるんです。

私の周りにも、「本当にこの人がムリなんです!もう一緒に働けません!」と言って、退職していった人が数名います。

その人達は、転職したことで、大嫌いだった人と決別することができ、今では伸び伸びと仕事ができるようになりました。

そのような元同僚たちが口をそろえて言うのが、「人間関係って、むちゃくちゃ大事!転職して良かった」という感想です。

あなたも、いつも偉そうにしているあの人がいない職場で働く自分を想像して見てください。

とてもイキイキと、楽しく働けそうな気がしませんか?

職場の人間関係に耐え続けるあまり、うつ病にでもなってしまったら大変です。

あまり無理せず、いざとなったら、あなたらしくイキイキと働ける職場に、思い切って転職してしまいましょう!

 

職場の人間関係に限界を感じたら・・・

職場の人間関係に限界を感じたら、もうそこは自分の居場所じゃないんだと割り切って、本当の自分の居場所を探してみましょう。

私の友達はブラック企業の会社に嫌気がさして転職した結果、未経験業種にもかかわらず年収アップしただけではなく、休みも確保され、人間関係も良好という最高の自分の居場所を見つけることが出来ました。

「そんなの特別な人だけじゃないの?」「たまたま、運が良かっただけじゃないの?」と思われたかも知れませんが、それだけではありません。

給料がいい、待遇がいいといった会社ほど、社員の満足度や意識も高いため、<偉そうな人>や<いじめをするような人>が出現しにくいんです。

きっちりしている会社ほど、人間関係も良好になるという好循環を生み出すので、今の職場の人間関係に嫌気がさしているのなら、待遇のいい会社に転職することで全てがきれいさっぱり解決することができますよ。

人間関係の悩みと無縁の職場って、最高です。

仕事というより、仲間と一緒に取り組むという過程そのものも、楽しく感じられるんです。

なので、人間関係に限界を感じたら、あなたの本当の居場所を見つけましょう。

例えば、「リクナビNEXT」のような転職サイトに登録するだけで、あなたの経歴や希望に合った求人情報を無料でメールでお知らせしてくれます。

また、登録したからといって転職しないといけないという決まりはないので、気軽に利用することができるんです。

なので、「もう!こんな仕事嫌だ!」と思ったら、転職サイトから届くメールを見ながら、次の職場を探してみましょう。

それだけでも、かなり精神的に楽になりますよ。

そして、今の職場よりもいい条件の会社を見つけたら、そちらに乗り換えたら良いのです。

転職サイトに登録しておくだけで、精神的は逃げ道ができるので、職場の人間関係にストレスを抱えているなら、とりあえず登録しておくことをおススメします。

 

さいごに

偉そうな人というのは、何かしら不安を抱えています。

不安を抱えているからこそ、高圧的な態度で、誰も自分に反論できない環境を作ったり、誰かに自分が正しいと認めて欲しいがゆえに、悪口を言ったりするのです。

そのような心理を理解し、偉そうな人の態度を真正面から受け止めないようにするのが、ストレスを溜めないためのコツになります。

ムカつくときは、冷静になって、「相手は不安なんだ」と自分に言い聞かせるようにしましょう。

そして、相手の不安を刺激しない無害な人間になることで、相手が穏やかな性格になるように仕向けることもできます。

ただ、「もう我慢できない!一緒に働きたくない!」と思った時は、思い切って転職してしまいましょう。

転職してしまえば、偉そうに言ってくるあの人と決別することができるのですから!