えなりかずきと泉ピン子は不仲で共演拒否?渡鬼の橋田壽賀子が真相を告白

国民的ドラマである「渡る世間は鬼ばかり」で、俳優のえなりかずき(34)が女優の泉ピン子(72)との共演を拒否していることを、脚本家の橋田壽賀子氏(94)が「週刊文春」の取材で明かしました。

衝撃ですね。渡鬼は長年続く国民的ドラマでその中でもえなりかずきと泉ピン子の演技は素晴らしいですよね。
関係性も良いと思っている人も多いのではないでしょうか?

 

「渡る世間は鬼ばかり」は1990年の番組開始から30年続く国民的ホームドラマで、どこの家でも起こる身近な嫁姑問題や親子関係などの家族の問題をリアルに描いてきたドラマです。

その中で泉ピン子さんは主人公の小島五月を、えなりさんは五月の長男・眞を演じています。
ですが、二人は2015年に放送された特番を最後に、共演をしていないみたいです。

さらに今年9月16日に放送された渡鬼の特番でも、同じシーンに登場することはありませんでした。

渡鬼の橋田壽賀子がピン子とえなりの不仲説を語った

橋田さんは「週刊文春」の取材に下記のように答えました。

「(泉ピン子と)一緒に出るとえなり君は発疹が出たり、おかしくなるんですって。それを聞いて、私、えなり君にものを言うのも嫌なのね。そういう申し出をすること自体、私は頭にくる」

「肝心の嫁姑問題は絶対にできない。母親と息子のマザコンみたいなものさえ書けない。アホみたいな話ですよ。役者がケンカしてるから、書けないって」

また、橋田氏が訊いたところ、泉ピン子は「イジメた覚えは全くない」、「嫌われたらしょうがない」と言っていたという。

えなりに取材を申し入れると、マネージャーの母が「こちら何もわかりませんし、お答えすることはできませんので」と回答したそうです。

 

闇が深いですね。泉ピン子さんはズバズバ言うイメージなのでえなりさんにも口うるさくしたのでしょうか?
長年言い続けられるとえなりさんも段々嫌気がさしてしまうのでしょうか。

泉ピン子のマネージャーは「『(えなりの共演NGについて)そういう話があるんだけど、そんな事ないのにね』と本人から聞いています」と答えたそうです。

 

共演NGは泉ピン子とえなりかずきの母だった?

実際に共演NGを出しているのはえなりさんの母という話もでています。
えなりさんは家族が経営する個人事務所に所属しています。

マネージメントはすべて両親が行っているそうです。
えなりさんが活躍次第で家族の生活が決まってしまいます。
えなりさんは渡鬼に出演したのが5歳のときですが当時から両親がマネージャーとして現場にいたそうですね。

 

泉ピン子さんは共演拒否に関してどう思っている?

えなりかずきさん側から共演拒否されても特に怒ってはいないそうです。

芸能界の先輩としてアドバイスはしたけどえなりさん側が言ういじめはした覚えはない。
嫌われたらそれでもいい。先輩として口出ししただけ。

と言っているそうです。

えなりかずきさんの母の主張は?

取材を拒否しているそうでこの問題に関しての主張はしていませんでした。
またえなりかずきさんもコメントすることはありませんでした。

 

渡鬼プロデューサーの石井ふく子さんは不仲説を否定

橋田さんが発言した泉ピン子さんとえなりかずきさんの不仲説については否定されています。
今後も共演することはあると断言していました。

 

今回の共演拒否については橋田壽賀子さんが発言したことで明らかになりましたがなぜこのタイミングで?と思った方は多いと思います。
国民的ドラマですから2人の共演シーンをまたみたいですね!

えなりかずきさんと泉ピン子さん共演NGについてのツイッターのコメント