ノーブランド

洋服を1円でも高く売る為にするべき8つのことを査定士が教えます。

着ることがなくなった洋服を売ってタンスやクローゼットの中を整理したいと思っている方は多いと思いますが、洋服を買取店に売る前に必ず確認しなければならない事があります。

確認せずに家の中の着なくなった洋服を売りに行っても、買取を断られてしまう事がないように、洋服が買取してもらえるものなのか説明ていきますので、今から売ることを考えている方は是非参考にして洋服をチェックしてみましょう。

基本的に売ることができない洋服

最初に、売りたい洋服が以下の項目に該当しないか確認してみましょう。

  • 破れや傷みがひどいもの
  • 汚れやカビがひどいもの
  • 臭いがひどいもの
  • 濡れているもの
  • 学生服、ユニフォームなどの制服
  • 柔道着、剣道着、水着など
  • 使用済みの靴下や下着類
  • その他資源として再利用ができないもの

汚れてたり、破れてしまっていないか

写真:https://www.photo-ac.com/

洋服を確認するときにはまずこの項目をチェックしましょう。破れていたり汚れていると当然、買取ってもらうことはできません。査定する担当者は売り物になるかしっかりと見ているのでチェックする時は細かく洋服のダメージを見る必要があります。

破れや汚れがある洋服をあなたは欲しいでしょうか。購入する際は、誰がどのような状況で汚れや破れを付けたのかわかりません。それがブランドでもあなたは購入しようかどうか考えるはずです。他にもきれいな洋服があるなら、違うものを購入しないでしょうか。

汚れや破れがある洋服は価値を著しく下げてしまいますので買取できないことが多いのです。一度、購入する側の気持ちを考えて洋服をチェックしてみましょう。特に、地肌に触れる襟元や袖の汚れ、目立つ破れは要注意です。

シワくちゃじゃないか

写真:https://www.photo-ac.com/

洋服をシワくちゃのまま買取店に持っていくことは避けましょう。買取店は基本的に、買取った洋服を洗濯しないでそのまま店頭やネットで販売します。

買取ってもらえる可能性もあるのですが、買取価格はどうしても下がってしまいます。シワくちゃのままではなく、洗濯をしてシワを伸ばしてから買取店に持っていくようにしましょう。

臭いは付いてないか

写真:https://www.photo-ac.com/

洋服をタンスやクローゼットに長い間しまって置くと、防虫剤や芳香剤など独特なが付いてしまいます。他にもタンスそのものの臭いや部屋の臭いが付くこともあります。こういった臭いは自分ではなかなか気づけない臭いでもあります。

友人の家に行った時に、自宅では感じなかった臭いを感じることはないでしょうか。そういった状況と同じように、査定をする担当者は普段は感じない臭いを敏感に感じるのです。

売る時は無臭が最も良いのですが、洗濯した時の洗剤の香りでも構いません。独特の臭いさえ付かないようにすれば良いのです。

動物の毛は付いてないか

写真:https://www.photo-ac.com/

ペットを飼ってる家庭では、飼っている動物の毛が洋服に付着していないかチェックしましょう。犬や猫などの動物を飼っている方なら分かると思いますが、掃除が大変なくらい抜け毛が多く、洋服にもしっかり付着します。

古着の買取店に持っていく前に、掃除機、毛取りブラシ、コロコロなどで付着した毛をとってから持ち込むようにしましょう。

また、動物を飼っていると臭いも付きますので、臭いもしっかり取るようにしましょう。

名前を書いてしまってないか

写真:https://www.photo-ac.com/

子供服に名前を書いてしまってることはないでしょうか。兄弟がいても分かるように名前を書いていたりすると、もちろん買取店では買取ってもらうことができません。

古着屋に行ったときに、洋服に名前が書いてあったらあなたは購入するでしょうか。もしかしたら名前が一致していて購入する人もいるかもしれませんが、販売する側からすると商品の価値を下げてしまい売れるかわからないので買取できないのです。

タグはちゃんと残ってるか

洋服には襟や腰にブランド名や品質表示のタグが付いています。このタグがないと買取ってもらえない可能性があります。

タグはその洋服を誰が、どのような素材で製造したかを証明するものです。タグがないと製造元が分からず、偽物の可能性もでてきます。ブランド物のバッグなどは偽物が多く流通していますが、洋服にも偽物はあり、証明する上でも重要なものなのです。

また、品質表示がないとどのようにして洗濯すればよいのか分からなくなってします。普通に洗濯したらシワができてしまい、実はドライクリーニングのみの洋服だった、なんてこともありえるのです。

タグがあると地肌に当たって不快だと感じる方もいると思いますが、売ろうと考えている方は取ってしまわずに、タグを残しておきましょう。

ゴミ袋に入れて持ち込むのはNG

写真:https://www.photo-ac.com/

洋服を買取店に持っていく際、ゴミ袋に入れて持ち込むのは避けるようにしましょう。ゴミ袋にいれてしまうと、査定する担当者に悪い印象を与えてしまうからです。

それこそ、市指定ごみ袋と文字でしっかり書かれているゴミ袋にいれてしまうと、買取店にとってイメージは最悪です。

ゴミ袋ではなく、ダンボールや紙袋などに詰めて持っていくようにしましょう。

準備ができたら売ってみましょう!

上記の項目をチェックして問題がなければ、実際に洋服を買取店に買取ってもらいましょう。買取サービスは自分で持ち込む店頭買取や自宅に来てもらえる出張買取などがあります。その中でも一番のおすすめは宅配買取です。

宅配買取をおすすめする理由は、とにかく楽だからです。

店頭買取店に持っていくのは面倒ですし、出張買取も予定を合わせないといけません。そういった点で宅配買取はいつでも好きな時に送って買取ってもらうことができるのです。全国どこからでも、好きなときに申し込めるのは大変便利です。

さいごに

洋服の買取店はお店によっては洋服を資源として再利用しているところもあり、汚れや破れがあっても買取ってもらえる可能性はあります。

ですが、あくまで可能性の話なので事前にチェックして買取不可の洋服を選別するようにしましょう。いざ査定してもらったら買取不可や値段が付かない、というようなことを防ぐことができます。

効率よく、簡単に、洋服を売って、クローゼットやタンスの中を整理しましょう。