井手真代さん1999年東京町田市の女子美大生の失踪について

1999年8月、東京都町田市の美大生井出真代さん(失踪当時(18))が行方不明になってから、20年が経過しました。

警視庁は事件に巻き込まれた可能性もあるとみて捜査しているが、現在まで目立った進展はありませんでした。

父親の敏一さん(72)が最後に井出さんと過ごしたのは、1999年8月12日の夜でした。

井出さんは居間のソファでいつも通りくつろいでいたそうです。

当時は「すぐ戻ってくると思い積極的に動かなかったそうで、その結果、証拠がなくなってしまったのが最大の後悔でした。守ってあげられなくて申し訳ない」と敏一さんは当時を振り返り、絞り出すような声で話していました。

警視庁は当初「家出人」として扱い、本格的な捜査は行わなかった。これもそうさが難航した一因となっています。

敏一さんと妻の万里子さん(65)は交際相手や友人、立ち寄り先から話を聴くなどしたが、手掛かりがないまま、ただ月日が過ぎていった。

失踪から約11年がたった2010年、敏一さんの携帯電話に警視庁の刑事から「真代さんの話を聴かせてほしい」と突然連絡があったそうです。

捜査の過程で、刑事から「娘さんは事件に巻き込まれて生きていない可能性もある」と告げられました。

時間が経過し、井出さんの行方につながる証拠も乏しくなり、いまだに失踪の理由も分からないが、敏一さんは「捜査を見守りつつ、捜し続ける。真相をはっきりさせたい」と言い切りました。

井出さんがいなくなって20年が経過し、

敏一さんは「われわれが真代と過ごした時間より長くなってしまった。どういう顔になっているかも分からない」と寂しそうにつぶやいた。

今回は東京都町田市の井出真代さん当時18歳についてまとめてみました。

井手真代さんが16年前から行方不明

事件に巻き込まれた可能性もあるとして警察は再捜査に乗り出しました。

警視庁は当初、井出さんを「家出」として扱っていました。

同居していた両親と弟が1999年8月13日早朝、愛知県に帰省し

井出さんは1人で家に残っていました。
その後両親が翌14日自宅やPHSに電話をかけたが井出さんは出ず、PHSはその後つながらなくなりました。

家族は16日に帰宅したが井出さんの姿はなかったそうです。
失踪時の所持品はバッグと約1万5000円が入った財布、PHSのみでした。

クレジットカードやパスポートは所有しておらず、保険証は自宅に残っていたそうです。

さらに当時井出さんは無断外泊したことがなく、友人関係も少数と深く付き合うタイプでした。

また絵のモデルにならないか?とつきまとわれた事もあったようで
今回はそういった関係で巻き込まれたかもしれませんね。

→日曜THEリアルで霊視で捜査しました。