足立区竹ノ塚の虐待保育園Xはチャイルドホームと特定!園長の名前と顔画像と経歴学歴は?虐待音声も判明?

東京・足立区竹ノ塚駅にある認可外保育施設「X」で繰り返されていた、A園長(28)と社員保育士B(27)による虐待保育が発覚しました。

取材で同じ保育施設に勤める臨時職員のR子さんが、幼児に対する理不尽な叱責や暴力などを告発しました。

保護者からの非難が殺到しているX施設は対応策として、A園長を短期間の謹慎処分に、保育士Bを解雇にしましたが、事態が収まることはなく「X」は10月4日で閉鎖することが決定すると報道されました。

竹ノ塚保育施設の虐待保育の実態

24時間営業だった保育施設『X』ですが、入口ドアに貼られていた施設名が剥がされ、10月4日に閉鎖すると張り紙がしています。

では一体虐待はどのようにして行われたのでしょう?
R子さんは証言しています。

ママ友から見せられた写真に映っていたのは、おむつ替えの際に撮られたという写真でした。
リョウくんのズボンから泥状の便が溢れ出し、長袖Tシャツの裾にも付着しています。

そのことについて、

「家でこんなウンチをしたことはなかったのでびっくりしました。その時にSさんから『何かあったときのためにこの写真は持っておいたほうがいい』と言われ、写真が映った画面を携帯で撮影しました。『何かあったとき』ってどういう意味なんだろう、と疑問に思っていましたが、深く考えなかったんです。でも、あの時に詳しく聞いておけばよかった……」

と証言していました。

じゃんけんで負けた方がおむつを替える

 

「X」での虐待を告発したR子さんもリョウくんへの虐待を目にしていたそうですね。

「リョウくんは園にいるとき、大量の泥状便が出ることが度々ありました。でもAさんやBさんは、決して自分で替えようとはしません。リョウくんがウンチをするとあからさまに嫌な顔をして『ウンチしたの誰? リョウ? だったら園内じゃなくて玄関で替えてください』と臨時職員に吐き捨てるんです。私がおむつを替えると、Bさんは『おむつ替えしてくれた先生にお礼して!』とリョウくんにしつこく要求することもありました」

悪質なのがA園長と保育士Bによる「ウンチじゃんけん」です。

「リョウくんのおむつを替える時には、AさんやBさんは『ウンチじゃんけん』をすることもあった。ウンチをしたリョウくんを放置し、目の前でじゃんけんをする。そして負けた方がおむつを替えるんです」

次第にリョウくんは排泄行為そのものに罪悪感を持つようになってしまったのだそうです。

 

竹ノ塚虐待保育園の虐待音声

虐待時の音声は以下の通りです。

「笑ってんだけど! 超ムカつく!」

「いらないの、そんな子は!」

「どういう教育受けてんだよお前は全く」

女性の怒号と幼児が泣き叫ぶ声が録音されていました。

虐待をしていたのは、「園長」(28歳女性)と「社員保育士」(27歳女性)との事です。

しかしこの2人は立ち入り調査を受けた後も一向に態度を改めず「●●ちゃんの保護者が怪しい」と犯人探しを始めたり、「また私たちが通報されるからやめてよ~!」と園児に言うなどしていたとの事です。

ありえませんね。

 

足立区の虐待保育施設はどこか特定!チャイルドホーム!


●24時間営業の認可外保育所(ベビーホテル)

●足立区・竹ノ塚駅東口から徒歩13分

●この施設はワンフロアで園庭がない

文春では、玄関にボカシが入っていましたが、上記条件に当てはまり、画像もピッタリの保育施設がありました。
もうすでに特定されていますね。

https://childhome24.wixsite.com/homepage

 

住所と電話番号は以下です。

東京都足立区六月2-33-6 シャインプラザ1F

Tel. 03-5851-5858

管理者:藤井幸博

 

竹ノ塚虐待保育園園長は誰?顔画像と経歴

虐待行為を行っていたチャイルドホームの園長と保育士ですが名前や顔画像について調べてみました。

園長は28歳で社員保育士の女は27歳は特定されています。

園長はふくよかな体型だと報じられており画像が公開されていました。

ですが顔画像や名前はまだ特定されていませんでした。

 

Twitterのコメント